お尋ねロゴ
思い出せなかった昭和のマンガ、特撮番組についてお尋ねください。 但し解決までに平均2年くらいかかってます(笑)。
12 / 45 ツリー ←次へ | 前へ→

水木作品ふたつ! せっきー 09/5/9(土) 2:54
Re:水木作品ふたつ! bonso 09/5/9(土) 13:14
Re:水木作品ふたつ! せっきー 09/5/9(土) 22:28
Re:水木作品ふたつ! bonso 09/5/9(土) 23:14
Re:水木作品ふたつ! せっきー 09/5/18(月) 23:18
【1件解決】「死人つき」水木しげる bonso 09/5/19(火) 0:03
Re:水木作品ふたつ! COLLECTOR 10/6/21(月) 2:50
Re:水木作品ふたつ! せっきー 10/6/21(月) 20:04
Re:水木作品ふたつ! せっきー 10/6/28(月) 20:03
【2件目解決】「妖怪屋敷」水木しげる bonso 10/6/28(月) 23:50

水木作品ふたつ!
 せっきー  - 09/5/9(土) 2:54 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。
bonsoさんの大海獣フィギュアに見いっていたら、
新たなお尋ねマンガを思い出しました。
水木しげる作品、2点です。

一つめは、僕が福岡に住んでいた頃だから昭和40〜45年頃、
少年誌に掲載されていたものを読みました。
ストーリーは全くはっきりしませんが、メインとなる妖怪などは現れずに
何か不思議な事件・自然現象を扱った内容だったと思います。
おおぜいの人が動けない状態になって、空に浮かんでいるようなシーンが
あったような気が。
主人公の少年が、怪現象の解決方法を知っている老人?のアドバイスに従って
丸い石のような物を「コリン」と音を立ててかじると、動けない状態だった
人々が解放されるといったお話だった気がします。

二つめは、これもストーリーがはっきりしませんが、小坊主さんがお堂の中で
お経をとなえ、朝まで女性の亡骸を弔うことになるのですが、
真夜中に亡骸がもぞもぞと動き出し(妖怪に取り憑かれていた?)小坊主さんに
襲いかかる、といった内容です。

こちらも一つ目の作品と同時期に、少年誌で読みました。

どちらも水木しげるさん作品には間違いないのですが、
ネットで見つかる作品リストは年代別ではないうえ作品内容もはっきりせず、
数多く出版される作品集は内容に重複が多くて、つい購入をためらってしまい、
今に至ります。

今回のお尋ねは大メジャー(笑)ですから、期待してます。

しかし、じっさい水木さんは、本当に妖怪なんじゃないですかね…(○o○;)

よろしくお願いいたします。(_ _)

Re:水木作品ふたつ!
 bonso  - 09/5/9(土) 13:14 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。久々のお尋ねネタですね。

一つめ、
これは完全ギブアップですね…。しかし例のごとく必ずや2年も経てば何とか解決するでしょう。気長にお待ちください(笑)。

二つめ、
ああ、これは持ってますねえ。二十冊ばかり所有しているサンコミックスとかの中の水木先生の短編に、たしかにありましたよ。小坊主さんがぎょぎょっ、なんてビビッていたコマなどあったかと思います。

しかし、…単行本が実家にあって確かめられません。「死人憑き」とかその辺りのタイトルだったかも。似たような内容のものがもうひとつあった様な気もします。小坊主さんじゃなくてチョンマゲ姿の山田が登場人物で。すいません、お盆の里帰りまでお待ちください〜。

水木先生はもう「妖怪」として国宝になってもおかしくないですよね(笑)。

Re:水木作品ふたつ!
 せっきー  - 09/5/9(土) 22:28 -

引用なし
パスワード
   わあ、二つめは「死人つき」ですか。
今回お尋ねするにあたって、ネットでリストや作品情報をかなり調べたんですが
やはり辿り着けずに書き込んでしまいました。

bonsoさんが思い当たった作品に間違いないと思います。
昨晩いろいろ調べながら、注文した中古本に掲載されているようです。
早晩、確認させていただきます。

>小坊主さんがぎょぎょっ、なんてビビッていたコマなどあったかと思います。
ぎょぎょっ、ではなく「もぞもぞ」「はっ」だったような気が。(笑)

一つめの作品については、気長に待たせていただきます。

僕も久しく帰省していませんので、次に帰った際はいろいろ探してみようと思います。
「パビリオン地獄」とか。(笑)

また是非飲みに行きましょう。

どうもありがとうございました。(_ _)

Re:水木作品ふたつ!
 bonso  - 09/5/9(土) 23:14 -

引用なし
パスワード
   お探しのマンガの2つめが見つかりそうですか。良かった。
不確かな情報で申し訳ありません。毎度の事ですが(笑)。
中古本・・「死者の招き」とかその辺りなのでしょうか…。

「もぞもぞ」「はっ」も、水木先生らしいユーモラスな絵が浮かんできますね(笑)。

そうそう「パビリオン地獄」収録のサンコミックス? をお持ちとおっしゃってましたっけね。私の持つサンワイドとQJにはどちらも入っていないので、羨ましい〜。
また一杯飲りながらマンガ談義しましょう。

Re:水木作品ふたつ!
 せっきー  - 09/5/18(月) 23:18 -

引用なし
パスワード
   bonsoさん、こんばんは。

おかげさまで二つ目の依頼は解決いたしました。
小坊主さんのお話、「死人つき」で間違いございません。

他に「やまたのおろち」や「妖怪水車」など、同時期に読んだ作品も収録されていて、懐かしく読ませていただきました。
福岡の田舎の、家のすぐ裏にあった森、林、沼や池など
さんざん親に脅かされても通った裏山での記憶も思い返されました。
子供の頃に自然に親しんだ記憶ってのは、水木作品と親和性が高いようです。

一つ目の依頼につきましては、気長に待たせていただきます。
どうもありがとうございました。

【1件解決】「死人つき」水木しげる
 bonso  - 09/5/19(火) 0:03 -

引用なし
パスワード
   せっきーさん、1件解決おめでとうございます。

「死人つき」で本当に合ってましたか。私のウロ覚え記憶もなかなかのものでした(笑)。

「妖怪水車」はぼくらマガジンに読みきりか2週ものだかで掲載されて、後にテレビ版の「ゲゲゲの鬼太郎」の1エピソードとなっていましたね。

古いマンガの記憶は、読んでいた時の自分の周りの風景の記憶も一緒に思い起こさせてくれますね。さてもう1件、解決するのをゆっくり待ちましょう。

Re:水木作品ふたつ!
 COLLECTOR  - 10/6/21(月) 2:50 -

引用なし
パスワード
   お探しの作品は「妖怪屋敷」というストーリーです。

サンコミック「妖怪水車」のなかに収められていました。昭和46年初版と記されてますから、おおよそ時代もあっていますね。

さて内容のほうですが、影女と名乗る妖怪が少し登場するばかりで、印象に残るキャラは出てきません。しかし主人公の少年(金太)死後の世界に緊縛されるという怪現象は非常に興味深く、あなたの想い出にある「何か不思議な事件・自然現象」は心奪われる妖しさを秘め全編に浸透しています。


― 人の好いおとうさんが家を買ったら幽霊屋敷だった。そこでぼくは愛犬の「ブル」を連れて、幽霊を追いだそうと考えた ―


冒頭からして水木ワールド全快の調子です。これ以上の紹介は未読の方々も含めまして興趣をそぎかねませんので遠慮させてもらいますが、「丸い石のような物を「コリン」と音を立ててかじると」という箇所は確かに出てきますよ。ご記憶通りです。

Re:水木作品ふたつ!
 せっきー  - 10/6/21(月) 20:04 -

引用なし
パスワード
   >COLLECTORさま

はじめまして、せっきーと申します。
親切丁寧なご回答、痛み入ります。

「妖怪屋敷」という作品でしたか…

さっそく探してみまして、サンコミックス版はけっこう高価なようですが
ちくま文庫版の「のんのんばあ物語 」に所載されているとのことで、早速注文させていただきました。

最近は、こちらの管理人さんの姿をあまりおみかけしないのですが、
こまめにチェックしておくものですね。(笑)

入手・確認後に、またご挨拶させていただきますね。

どうもありがとうございました。 ○(_ _)○

Re:水木作品ふたつ!
 せっきー  - 10/6/28(月) 20:03 -

引用なし
パスワード
   COLLECTORさま

おかげさまで確認いたしました。
「妖怪屋敷」でまちがいございません。

このたびは本当にありがとうございました。

>管理人さ〜ん、解決しましたよ〜
あと、また飲みにいこ〜よ〜

【2件目解決】「妖怪屋敷」水木しげる
 bonso  - 10/6/28(月) 23:50 -

引用なし
パスワード
   せっきーさん、こんにちは。

ひゃあ〜〜っ、このところ色々な事に熱中しており、こちらはただでさえ書き込みが年に数回くらいと思ってついつい失念しておりましたーーっ。
ひらにひらにお許しをーー。

解決、おめでとうございます。
いつもお気遣い、ありがとうございます。
わたくしは元気に趣味を楽しんでおります。
宜しければフォームからメールでも寄越してやってください〜。

12 / 45 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
10,245
(SS)C-BOARD v3.8 is Free