レイヤーバイオレーション 投稿者:惑星E  投稿日: 5月31日(木)22時47分21秒

>かっかっか。

これって、ジンメンの笑い声ですよね。(知らないはずなのに、自然に。。。)

>思わず出てきてしまった

いえ、こっちでいいんですよ。
だって、ぶたたんの豚、って紅の豚から取ったんじゃいですか。


>これで、ROMしているマニアックじゃないと思っている人も 投稿者:ぶた  投稿日: 5月31日(木)20時34分30秒

かっかっか。
こんな単純な手にひっかかる私とでも思っているのかね?
し・しまった。
思わず出てきてしまった。。。
カメラのことにも疎いワタクシですが
今度お試しのG1+プラナー45mm。
どーも、ピントが外れやすいとか?
でも、気に入ったら買っちゃいます。
そうそう。報告したかどうか忘れたのでここでお知らせしときます。
あ、bonsoどの、すいませんねー。
先日、New FM2の白を購入いたしました。
勿論、新品です。でわでわ。。。


あっちの世界と、こっちの世界。。 投稿者:惑星E  投稿日: 5月30日(水)07時57分12秒

>普通カメラと違い、焦点距離が極端に短いために、
暗い店内なのにも関わらずパンフォーカスになっているところが、

デジカメなんて、カメラじゃない、って思っていたのですが、いざ、買って使ってみると、まあ、すごいこと!
35ミリ版の銀塩の特性を写真の特性だと思っていたら、大間違いみたいです。

絞りとシャッタースピードの関係が、大きく違います。CCDが小さいため、イメージサークルが小さい、つまり、極端にフォーマットの小さい極小版カメラ、という、新しいジャンルが生まれたような気がします。

 カメラは、フィルムの大きさによっても、110、APS,35ミリ、66、67、4X5...と言うように、ジャンルが別れるのですが、これは、このフォーマットの違いによって、レンズの焦点距離と画各の関係が大きく変わることから、実際の撮影に大きな影響があるのですが、このCCD極小版フォーマットカメラは、極端に短い焦点距離、実口径を大きくしないで、F値が小さく出来る、などの特性が、パンフォーカスの写真を用意に作る、手ぶれに強い、などの特性を生むようなのです。さらに、CCDのISO感度が、自動的に100〜800まで変化するのです。(ノイズが上がるようですが。)

ですから、ウルトラ飯店とか、ハヤブササンの勝利のポーズとか、あれ、35ミリ銀塩だととても撮れない画なんですが、いとも簡単に手持ちで撮れてしまうんです。正直、ぶったまげました。
それにその場で出来あがりが確認できるし、液晶の画面がついているので、ファインダー光学系がレンズとは別なのに、一眼レフのように、パララックスの無い画が取れるのです。像消失もありませんし。今まで、こういう視点で、デジカメの魅力を書いたものに出会ったことが無かったので、知らなかったのですが。

>この光の中に、かつてアンヌ隊員がいたのかと思うと、
不思議な眩暈をさえ覚えてしまいますよ。

おととい、ひし見さん、いらっしゃたんですけどねぇ。って、別に客寄席のためにいっているわけではなくて、本当みたいです。

(歓迎するよ、アンヌ隊員も呼んだらどうだい?)

ところで、写真関係?の掲示板に妖怪人間のフィギュアの話が出て来たり、マニアもの?の掲示板に、イメージサークルが、ISO感度が。。。って出て来たりするのって、楽しいですねぇ。
ほら、これで、ROMしているマニアックじゃないと思っている人も書き込みやすくなってきたではないですか?ぶたたん、Nekoやんさん、重役P殿。。。


宇宙人、中華飯店に現る。 投稿者:bonso  投稿日: 5月29日(火)00時42分29秒

惑星Eさん、
ウルトラ飯店での、ノン・ストロボの、こっそりデジカメ写真(笑)、
店内の人工光が、うまい具合にミックスされて良い雰囲気が出てますね。

普通カメラと違い、焦点距離が極端に短いために、
暗い店内なのにも関わらずパンフォーカスになっているところが、
独特なものがありますね、デジカメの絵は(この条件でブレもないですし)。

" 家庭内特撮 " に非常に向いているのです、デジカメって。
そういうコーナーを作ろうとして、放り出したままなのですが・・。

それにしても、なかなか心魅かれる店構えです。
この光の中に、かつてアンヌ隊員がいたのかと思うと、
不思議な眩暈をさえ覚えてしまいますよ。

こさむさん、
競走馬の名前って、何か変だなとは思っていましたが、
・・こ、これは(笑)。

競馬をやったことがなく、詳しくは知らなかったのですが、
こんな奇天烈な、・・一体どういう感覚でこうなってしまったのか?(笑)
また、ダービーday では、こさむさんは無事取り戻せたのでしょうか?

CS、いえそちらはCATVですか、では、
こさむさんは衛星劇場も契約されているんですね?
チューナー買いたてのころは私も入っていましたが、
結構値が貼るので止めてしまいました。
面白そうな番組が多いので残念ですが・・。

『宇宙人東京に現わる』
パイラ星人って、ヒトデの真ん中に目がある、あれですね。
あのデザインが、岡本太郎のものだったとは驚きです。
(いわれればなる程と、頷けますね・・)

映画を観たことはないですが、怪獣図鑑などでとても印象に残ってますよ。

『仮面の忍者 赤影』
・・一瞬、ぐはっと息を飲んでしまったのです(笑)。
でも、近所のツタヤに全巻あったのでホッと安心。
(ちなみに「ジャイアントロボ」も揃ってました)


マニアックなお馬さんたち。 投稿者:こさむ  投稿日: 5月27日(日)07時35分50秒

パチンコの話題が出てたようなので、ギャンブルつながりで競馬ネタを。
競走馬の馬名にも、漫画や特撮番組から持って来た(?)ものがけっこーあります。

まずは漫画・アニメ編…ビワハイジ(G1ホース)、トラストピカチュウ、ミドリマキバオー
(ピカチュウ・マキバオーはこの他にも数例あり)、ヘイセイトトロ(米国馬でNausicaaってのも)、
ルパンサンセイ、ルパンザサード、ホクトノケン、リボンノキシ、ムーミンパパ(走りそうにない…)、
キューティハニー(G1出走馬カミノマジックの母)、ホクトマジンガー、マルタカマジンガー、
キャシャーン、ミスサザエサン、ミスマルコチャン、ミスアラレチャン、ガッチャン。

特撮編…ノボコップ、ダイヤモンドアイ(ってありましたよね?)、ゴロー(これは違うか?)、
ニシノエレキング(これは間違いない!)、狙ったかどうか分かんないけどウルトラダン、アンヌ。
そして極め付けは…シュワッチ!(昨年デビュー。早く勝ち上がって欲しい!)
さらには…ゴジラ!!(しかも女の子。G1ホース・ヒシアケボノの祖母)よく馬名審査通ったなぁ…。

本日は競馬ファンにとって、年間最大のイベント・ダービーday。
そろそろ取り戻さないとシャレにならない…。

話変わって。
昨日CATVの6月の番組ガイドが届いたのですが、久々にヨダレもののラインナップが。

まずは衛星劇場にて、大映クラシック特撮5本立て。
『透明人間現わる』'49(特技監督:円谷英二!)
『西遊記』'52
『ブルーバ』'55(和製ターザン映画・笑)
『宇宙人東京に現わる』'56(パイラ星人のデザインは岡本太郎)
『透明人間と蠅男』'57(以前ここでも話題に上がってましたね。品川隆二さん主演)

さらに東映チャンネルにて…映画公開に合わせてひょっとして?とは思ってましたが…
『仮面の忍者 赤影』!!わーいわーいぱちぱち。

bonsoさん、これはもうスカパーのチューナー、買い替えるしかないのでは(悪魔のささやき)。


不完全な良心回路が 投稿者:惑星E  投稿日: 5月27日(日)06時22分14秒

ボンソリンにうそをつかせるとき、(ё_ё) ← キヨラカナメ

↑ このマークがついた時は、歯の浮くようなお世辞だとか、
まるで心のこもっていない、いい加減な発言だとお思いくださいませ(笑)。

がはははは。
良心回路がマークを出せるのですね。

ところで、行ってきました。
アンヌの店。
京王線調布駅前。
私、アメリカから帰ってきて、最初に住んだんですよ調布。
もう、四年前だけど。
気がつかなかった、というか、つくわけないけど。

でも、ゴジラバーにしろ、地球防衛飯店にしろ、なんか、私の住むところ、って面白いものがありますね。
ここに引っ越してくる前の大泉学園ってことは、古谷光敏のバーとかあったし、それに、松本零二とかも住んでいたみたいです。
ペンタックスの前松本社長も住んでいたみたいだけど。

ウルトラ飯店の写真、下のURLで見られます。

http://communities.jp.msn.com/tgc5t0lrdn7qkj3647bn8sbib6&naventryid=129


ライトな話題掲示板(笑)。 投稿者:bonso  投稿日: 5月26日(土)23時58分41秒

惑星Eさん、
(ё_ё) ← キヨラカナメ
↑ このマークがついた時は、歯の浮くようなお世辞だとか、
まるで心のこもっていない、いい加減な発言だとお思いください(笑)。

それにしても5月の大型連休での東京旅行オフ会では、
夢雲さんにもK★Bちゃんにもお会いすることができましたが、
皆さん本当にキレイな方ばかりで、かんげき〜♪

こんなマニア掲示板に遊びに来ていただいて、
バチがあたったりしないだろうかと、ちょっとビビッてしまいました。
・・あ、これはちゃんと心をこめた発言ですので、念の為(わははっ)。
(そうそう、ミセス惑星Eさんも、とても可愛らしい奥さんでしたヨ〜)

> 東京オフ
おおっ、次回はいよいよあのゴジラバーに出陣ですか?
しかも、あらたに惑星Eさんのお友達も参戦なのですね。
・・そうですね、今年はお気楽旅をばんばん楽しんでみるつもりですので、
7月くらいにでもまた上京できましたら、その時はよろしくお願い致します。

「セブン! セブン! セブン! 私の恋人ウルトラセブン」
・・は、私もついフラフラと買ってしまっているのです・・。
あれ、表紙の写真エラく可愛いですよね(笑)。

すずかくん、
ガメラの歯の謎(?)が解けて、良かったばいね。

むさい男の髭剃り後のように濃かったこの第1掲示板(笑)に、
ライトな新風を吹き込んでくれてどもどもありがとう。
なんか、不思議なノリで面白か〜。

「ザ・シェフ」
・・たしか '80年代の漫画ゴラクで、かなり長期の連載だったと思います。
グルメものにあまり強くないんで、詳しくはないけど、
もろ「ブラックジャック」を意識した作りだったような・・。

> 300円くらいの、資質の悪いマンガ(笑)
大衆娯楽なんで、本当はこのくらいの価格が妥当なのだよね〜。
紙質をああしたところで、かかる印刷経費は本当はたいして変わらないんだけれど。
・・そもそも2000円近くもする復刻版マンガの価格が、滅茶苦茶反則。

といいつつ、角川の「スペクトルマン」に続いて、
「怪傑ライオン丸」も買ってしまった。ううう・・。

バラ薔薇お母さま、
ガメラの歯情報(笑)、どうもありがとうございます。

> 2歳半の孫が仮面ライダ−G3の玩具を買い 〜
>「ジ−、スリ−だよ!」と 〜 襲いかかってきました。

もしや、20歳代後半のお子さんと、殆ど同じ行動性癖なのでは(笑)。
それにしても、「ブイスリャー」の発音がお分かりとは、お見逸れしました。
「かめんラァ〜イダブイスリー」もチェックしてくださいませ。


あっ! 投稿者:すずか  投稿日: 5月26日(土)09時21分11秒

ホントだ、ホントです。
歯、あります。
牙、下からはえてます。
へぇ〜、牙は下からだったんだぁー。
なんかすごい嬉しい。
ありがとう、Mrs.バラ薔薇さま。

こうやってね、なんか細かい部分を思い出そうとすると
あれ?って思うことないですか?
あたしだけですかね?


ガメラの歯・・・ 投稿者:すずか  投稿日: 5月26日(土)09時15分20秒

あったんだぁ〜。
なーんか、記憶にないんですよ、あたし。
でも確かに、歯がなかったらリステリンの変なキャラクターみたいに
なってしまいますよね。
歯、とがってる?
牙、あったっけ?

いやー、ホントに記憶にないや。(笑)


惑星Eより巨大な。。。。 投稿者:惑星E  投稿日: 5月26日(土)07時37分10秒

重役P様が,次回のリング。。。ではなかった、東京オフ会にはご参加の予定です。
下記のURLに侵略予告が…

P様は、昼間の顔は、誰でも知っている大企業の重役様ですが、その実態は。。。。
やはり、ゴルゴムです。

なんと言っても驚くべきは,惑星Eが小さく見えてしまうほどの巨大さ。。。
富士山よりも大きいスペクトルマンよりも、さらに大きい。

目標より、より、巨大な。。。。(この台詞、どの怪獣映画でしょう。。ヒント、広島)

しかし、この巨大なエグゼクティブも、ぶたたんには手も足も出ないようです。

http://www66.tcup.com/6630/pooh_take.html


ガメラの歯 投稿者:Mrs.バラ薔薇  投稿日: 5月25日(金)16時33分06秒

あります。(キッパリ!)

パチンコといえばパ−トのオバさん達もけっこうはまっていて、近所にパチンコ屋さんができたので
数十年ぶりに行ってみました。「玉貸機はどこですか?」と聞いて店員さんを呆れさせた私でした。

2歳半の孫が仮面ライダ−G3の玩具を買いました。「仮面ライダ−V3(ブイスリャ−)」とおち
ょくったら「ジ−、スリ−だよ!」とそれで襲いかかってきました。

http://www.gamera.gr.jp/book0521.html


へえ〜 投稿者:すずか  投稿日: 5月25日(金)05時29分47秒

夢雲さん、ありがとうございます。
クロちゃんってテレビでやってたんですねー。
パチンコ雑誌にね、「原作に忠実に・・・」とか書いてあったもんだから、
ちょっと気になっていました。
でもまだ、この台には座っていません。

最近、コンビニとかで300円くらいの紙質の悪い(笑)マンガが出てますよね?
昨日なんとなく「ザ・シェフ」を買ったんですよ。
初めて読んだんだけど、意外に面白かったー。
なんか「ブラックジャック料理人版」みたいで。
でね、これをまとめて読みたいんだけど、どなたかご存知の方いたら教えてください。
何巻くらいまで出ているんですかね?

あと、ガメラって「歯」ありましたっけ?

仮面ライダーネタで盛り上がってるとこなのに、
場違いでごめんなさい。


防衛軍基地は台湾料理店 投稿者:惑星E  投稿日: 5月24日(木)07時09分23秒

>クウガからの、新しいライダーは、
主婦層を視聴ターゲットにする部分がかなり大きいみたいだね〜。
なんか、出演者が皆ホストみたいに見えてくる(笑)。

どうして、まだ、見たことが無いがアギト、で、ここまで当ててしまえるのだろうか?
ゆた、かもしれん。。。。(ゆた、とは、琉球語で。。。)

まじで、3人とも、アギト、ギルス、G3,変身(装着?)前は、ホストみたいなのですよ。
以前のヒーローって、まあ、男らしいけど、ちょっと、暑苦しいってのもいたかもしれないけど、最近(ってのがいつからか分かりませんが)、どうも、受けの方向が、おば様ねらいっぽいのが感じられる。

変身前が重要っては、実は、うちのかみさんの妹が、ブラックが好きだけど、ストーリーの話しなんでどうでもよくて、レーザーディスク見ていても変身すると、もう、ぷい!って感じだったので、あれ?っと思ったのが最初。
それから、夢雲様が、V3が理想の男性だと言ってたので、八重洲口のカラオケ店でV3の実写が入っているカラオケを指定しても、あれ、変身しちゃっているから、いらない!って感じだったこと。
うーん、これは、凄い発見だった。
変身ヒーローって、変身前が重要だったんだ。

だったら、変身してもあんまり変わらないで、顔出して戦うのがいてもいいのかも。それで、ライダーマンは顔出してみたんだろうか。

ところで、風邪で寝ていて、文庫本のセブン、セブン、セブン、(ひし美ゆり子のアンヌの思いで本)呼んでいたら、栄光は誰のために、に出てくる、あのいやな奴、てのがライダーマンみたいですね。山口暁さん、っていう俳優サンですか。

でもね、それより驚いたのが、アンヌのだんなさんって、宇宙人じゃないみたいですよ。
てっきり、ダンと結婚して、ウルトラの母になっていたのかと思ったら、なんと、台湾料理店の店長!それに、M78星雲に開店しているのかと思ったら、調布!うちの近所。

新宿にあった、台湾料理店に通いつめて、アンヌ、の方から、ゲットしたそうですから、不思議な気がします。やっぱり、当時は、セブンって、子供しか見ていなかったんでしょうかねぇ。今なら、マニア男だらけのむさくるしい第1掲示板(笑)に出てくるような、あぶねぇ、おっさん達がストーカーしまくって、とてもじゃないけど、台湾料理店に通いつめて、ってのは無いと思うんですけどねぇ。意外だったなぁ。

ボンソリン殿、次回、東京オフのコースは、調布の地球防衛軍と中央線のゴジラバーにしませんか。
カラオケも、昼間なら、3hで、400円、ドリンクバー付きですから、大分並みでは。

ところで。。

>マニア男だらけのむさくるしい第1掲示板(笑)に久々に咲いた、
あなたさまは、1輪の花でございます

てのは、また、どなたさまかの存在を忘れているような。。。
怖いなぁ、どうしよう。


秘打・正村昇り龍。 投稿者:bonso  投稿日: 5月24日(木)00時15分47秒

惑星Eさん、
『仮面ライダーアギト』
おお、ついにビデオ予約で毎回視聴を始められたのですか。

私は、やっと「〜 クウガ」をレンタルで1本観ただけでして、
「〜 アギト」はまだ1年くらいたってからですね(気長)。
今は、「ウルトラマンネオス」や「〜 コスモス」が観たい感じです。

アギトの設定は、クウガの2年後ということで、
ナンだか私なりの妄想が膨らんでしまいますねえ・・
(以下妄想)
登場ライダーは、G3とギルスの2人だけ。
強化スーツライダーG3は弱くていつも怪人にボロボロにされ、
謎の放浪ライダーギルスにたまに助けて貰ってやっと勝利。

そのうち幹部怪人にやられ重体、改造人間手術を受けることに。
手術台に横たわるG3に話しかける、エネルギー生命体「アギト」。
「私は命を2つもってきた」・・おっと、これは違う(笑)。
そんなこんなで、復活バージョンアップG3のアギトが、
改造人間「仮面ライダー」の第1号となった・・

こんなの想像してしまいました。

すずかさま、
仰せの通りでございます。
マニア男だらけのむさくるしい第1掲示板(笑)に久々に咲いた、
あなたさまは、1輪の花でございます。(ё_ё) ← キヨラカナメ

(はいはい、分かりました。花、花、・・と(笑))
・・あっ、こりゃ携帯メールへの返事だったよ(笑)。

パチンコは、デジタル777台(CR機っていうの?)
が出てから風情を感じなくなり、止めてしまったんだけど、
アナログヒコーキ台の頃は毎日やってました。その頃はまあ、学生だったし。

今は、台の真ん中に液晶画面か何かがあって、ふーん、
アニメーションでマンガや怪獣キャラクターが動いてたりするんだ??

『釘師サブやん』という、昭和40年代手打ち台のマンガがあって、
まだ結構古本店で見かけるけど、これ面白いです。私ならこういうの、お勧めです。
原作、作画は元祖料理マンガ「包丁人味平」の牛次郎&ビッグ錠。

『サイボーグクロちゃん』
って、初めて耳にしました。と思ったら・・↓

夢雲さ〜ん、
『サイボーグクロちゃん』
情報提供、どうもありがとうです。最近の子供向け番組なんだね。

内容はあるんだかないんだかよくわかんないアニメ、・・それは私好みかも(笑)。

CSのキッズステーションで「ポピーザぱフォーマー」って、
全編もう意味不明にふざけまくってるだけのフルCGアニメやってるんだけど、
すンごく可笑しいです。

『仮面ライダーアギト』
クウガからの、新しいライダーは、
主婦層を視聴ターゲットにする部分がかなり大きいみたいだね〜。
なんか、出演者が皆ホストみたいに見えてくる(笑)。
プロレスラーにもそんな感じの人、いますね。ハ○ブサ選手とか・・(笑)。


クロちゃ〜ん 投稿者:夢雲  投稿日: 5月23日(水)19時56分03秒

夢雲が見てたのは約一年前
土曜日TV東京で朝の8時からやってました〜

コミックが元なのか、アニメが先なのかもわかりません(笑)
クロちゃんは、サイボーグなんだけどそれを秘密にしてて
おじいさんとおばあさんと暮らしてたの
宇宙人がでてきたかと思えば、猫の縄張り争いの話なんてのもあって
内容はあるんだかないんだかよくわかんないアニメだった(爆)
オープニングの曲がやたらノリのいい曲で
土曜日、休日出勤前のダーが気合を入れるために見てたのでした(笑)
その後、毎日気合を入れるためダーはCD買ってました……(苦笑)

クロちゃんの前に「たこやきマントマン」って番組がオンエアされてたんだけど
それも見てた(笑)
屋台のたこやき屋さんがあって、その地下に基地があるというこれまた変な話
屋台が移動したら、どうすんだ??

ふたつともおこちゃま向けだし、平和〜な話でしたよ♪

そうそう、アギトも先日見ました(笑)
かっこいいですよね〜主人公(笑)


おひさしぶりです 投稿者:すずか  投稿日: 5月23日(水)06時02分03秒

こちらにお邪魔するのはホント、何ヶ月ぶりかな?
で、しかも純粋にマンガや怪獣の話、できないんだけど・・・(笑)

昨日、パチンコのガメラの台、打ってきた。
思いっきりデフォルメされてて、カワイイかカワイくないかっていうと、
多分カワイイんだろうけど・・・。
でもほかに怪獣はギャオスとバルゴンしか出てこない。
リーチかかると、ガメラがギャオスやバルゴンと闘ったり、
東京タワーや都庁を壊すんだけど・・・つまんなかった。
勝ったけどつまんないってことは、スグなくなるだろうなあ・・・。

それにしても最近のパチンコ台はマンガ物が多いですね。
バカボンとかじゃりん子ちえとか・・・あ、出前一丁も出たなあ。
古いとこだとルパンに不二子に笑うセールスマン。
ハクション大魔王もあったし。
ところで、最近の台で、サイボーグクロちゃんってあるんですけど、
これも元々マンガなのでしょうか?

ふぅ〜やっとマトモな質問ができた。(・・・ってそうでもないか・笑)


リンゴ剥きライダー 投稿者:惑星E  投稿日: 5月22日(火)13時06分06秒

>惑星Eさん、
ご指定の画像URLは、

おお、惑星Eの地球が欲しい、も、見てくださったのですね。
ただもんですが、あれでも、なんか、適当にあそべちゃいますね。
ますます、HP造るのが面倒になってきた。
だって、ただで作れるんだもの。。。
これがゴルゴムの罠とも知らずに。。
でも、あの、ビシュムの夢っての、やばいですかね?消しとかないと。。。。

やっと、ビデオ予約を覚えて、仮面ライダーアギト、毎週見ているのですが、あれって、すっごくありません?
最近の子供って、なんか、理解力が違うんでしょうか。怪人とかあんまリ出てこないけど、ストーリーの密度とか、すっごく高くないですか?
オープニングの画も、なんか、これからの展開を示唆しているみたいだし。

3体の仮面ライダーもそれぞれ、なんだか、面白い設定みたいですね。

視聴者の想定とか、すごく興味があるなぁ、アギトとか、クウガ

リンゴの皮が剥けました、ってのは、奥様人気の秘訣らしいですね。


スペア人間(笑)。 投稿者:bonso  投稿日: 5月22日(火)00時17分08秒

マグ公ちゃん、
フィギュアを撮影する光を調整するため、
カーテン閉めたりして、日光を遮ったって?

・・まさに、それ。
そういう、地味でアナログな行為をこつこつやるのが、
写真のライティング作業なのだよ〜。苦労の甲斐あって効果的な光が作れてます。

『仮面ライダー』
ショッカーでは改造用の人間は、
ずい分ぞんざいに扱われていたみたいだけど、私が可笑しかったのは、
CSで初めて観た「スカイライダー」で、クモンジン(たぶん)が、
スペア人間 を連れて来い」
・・といったところ。

改造人間の能力テスト用のやられ役用人間だったと思うけど、
なんか、あまりに可哀想ないわれ方(笑)。

惑星Eさん、
ご指定の画像URLは、

http://communities.jp.msn.com/tgc5t0lrdn7qkj3647bn8sbib6&naventryid=119
これと、

http://communities.jp.msn.com/tgc5t0lrdn7qkj3647bn8sbib6&naventryid=118
これのことですね。

初めての、15000ボルト爆弾ダイビング人間のエンターテイメントを、
充分にご堪能されたようで。

> 250円くらいの、ザラ紙印刷の単行本
・・このシリーズ、最近の流行りのようですねえ。楽しみですよ。
「13人の仮面ライダー」編掲載の号、私も書店でお目にかかりました。

「バイオレンスジャック」や「男組」や、
過去の名作が安価で次々と復刻されていて、大歓迎です、こういうの。

こさむさん、
少年ジャンプのその賞は、愛読者賞ですね。
とりいかずよしの「先生」「とうちゃん」などの人情ものがありました。

『サイクロンZ』
なんと、あの本宮ひろしがこんな企てを、・・ほほー(笑)、
って、何故(笑)マークがついてしまうのか(笑)。

「〜 Z」の予告編は見たかどうか記憶にないのですが、
『嵐の海まっただ中』・・こちらは、思い出せました!

万吉一家みたいな男たちが、
2年間で1人100万円ずつ溜めての再開を誓い合い、別れる。
そのウン100万円を元手に漁船を買って、マグロ漁業に出かけるお話でしたっけ?

ラストは覚えていませんが、またいつものように(「群竜伝」とか)、
目的を達成した男たちが「わあっはっはっは」と笑いながら、
ザッザッと歩いていく場面とかじゃないでしょうか。

「いただき画像庫」への、
安心できない画像、どうもありがとうございます。
・・こ、これは、ベラ!!(笑)


本宮ひろ志、幻のSFマンガ。 投稿者:こさむ  投稿日: 5月20日(日)19時57分03秒

突然こんなのを思い出しました。

70年代前半頃から始まったと思いますが、少年ジャンプで、人気作家10名が
読み切り作品で競い合う、年に1度の恒例企画があったのをご記憶でしょうか?
事前に読者投票によって、全漫画家の中から10名の作家を選出し─と言っても
なぜかいつもジャンプに連載中の作家のみに落ち着くんですけどね(笑)─
週交代で読み切り作品を掲載、さらに読者投票を行って、1位に輝いた作家と
その作品に投票した読者数名に海外旅行がプレゼントされる、という企画でした。

この企画の中で、『廃人20面チョ』をはじめとするイボ痔小五郎シリーズや
『真夜中の戦士(ミッドナイト・ソルジャー)』等、われらが永井豪の名作短編の
数々が生み出されることに…って今回は永井豪ネタのつもりじゃなかったのですが(笑)。

で、そういう企画ですから当然、ジャンプの大黒柱の一人であった『男一匹ガキ大将』の
本宮ひろ志も選ばれていたわけです。そしてその企画が始まった第1回の時だったと思う
のですが、本宮ひろ志がチャレンジする作品の前週予告でのタイトルが『サイクロンZ』
(もちろんサモ・ハン・キンポー監督の映画とは無関係)。巨匠が新ジャンルに挑戦する、
宇宙を舞台にしたSFロボット漫画!といった触れ込みでした。

当時大人気だった『マジンガーZ』をかなり意識したと思われるその作品、私も
いろんな意味でワクワクしながら待っていたのですよ。
ところが翌週になってびっくり。掲載されていたのは、予告とはまったく異なる
『嵐の海まっただ中』という、漁師を主人公としたいつもと代わり映えのない本宮作品
だったのです。(かすかにサイクロン=嵐がかぶってるだけ?)

前週に予告が載っていたくらいですから、かなり間際になってからの差し換えだったと
思うのですが、いったい何があったのでしょうか。ひょっとしてマジンガーに似過ぎてて
編集部からSTOPがかかった?それとも作者自身が「こんなの似合わねー!」と途中で
投げ出したとか(笑)。でも読んでみたかったなぁ、本宮SFマンガ…。

蛇足:『マジンガーZ』を一発変換する“ことえり”って、エラい(笑)。


すびばせん。 投稿者:bonso  投稿日: 5月18日(金)23時35分40秒

どうも、目が疲れ気味で、PCに長い時間向かっていることが出来ません。
明日こそ、ちゃんと病院にいってこようと思います。

惑星Eさん、マグ公ちゃん、盛り上げて頂いて、どうもありがとうございます。
感謝かんげき〜。

5月5日以降にメールを下さった方々、大幅に返事が遅れてしまっています。
平に、平に、お許しを〜。


芸術的怪奇 投稿者:マグ公  投稿日: 5月18日(金)22時57分02秒

☆惑星Eさん
>>企画は、怪奇シリーズ、だったとか
そうですね。最近ちょっとビデオに撮ったのをひっぱりだしてみたのですが、最初の方は
けっこう夜のシーンが多く(特撮のアラのようなものをごまかす目的もあったのかもしれ
ませんけどね)ちょっと怖めの演出もありました。
怪人とライダーの対決シーンが夜だったりした時には、戦いが分かりにくく、「あれ?や
っつけたのかな」なんて思ったりもしましたね(最初の頃は「ライダーキック」という、
「コレが決まったから怪人やっつけたろ!」みたいな必殺技もなかったんですよ。もみあ
っている内に終わりっていう(笑))

けっこう子供の頃に見て「怖かった!」って思ったシーンがそのまま印象に残ってるコト
もありますね。
「ゲバコンドル」という怪人が出た回(記憶があやふやで、「こうもり男」の回だとずっ
と思ってましたけど)で、ゲバコンドルが次々と女性を襲って血を吸うというシーンがあ
ったんです。で、その中でも、今まさに結婚式を挙げている(ナゼか新郎、新婦に神父さ
んの3人だけで挙式してた気がします(笑))所に突然ゲバコンドルが飛び込んできて、
ウェディングドレス姿の花嫁さんの血を吸うというシーンは、「教会」という厳粛且つ神
聖な場で、グロテスクな怪人が真っ白なドレスをまとった女性を襲うという、背徳的とい
うか、耽美的というか、不気味さと美しさのミスマッチが強烈な印象でした。
アレはけっこう怖かったですね(同時に、どことなくソレを、子供心ながら「芸術的」と
感じていたあたり、今のヤバい人格を形成するに至ったのかもしれません(笑))

http://www67.tcup.com/6714/magkou.html


仮面ライダー1号 投稿者:惑星E  投稿日: 5月17日(木)06時30分38秒

>一番最初の「仮面ライダー」のかなり最初の方の話で。。。

マグ公殿、この最初の方の仮面ライダー、企画は、怪奇シリーズ、だったとか、で、雰囲気的には、恐怖。。。。というのがテーマだったとか、読んだことがあります。
一般人がさらわれて…、ナチのイメージと重ねて、怖がらせようとしたのでしょうか。
結構、笑える場面として覚えているものが多いのですが。

>5万ボルトの電流に耐えたら改造する」

やはり、ショッカーの改造技術だと、素材、が一番大切だったのですね。

ゴルゴムは、逃げた光太郎を追う大神官が、光太郎をネオンサインにぶつけて、改造人間になった光太郎が高圧電流に耐えることを見せつけますから、まあ、素材も重要でしょうけど、少しは、技術が上がったのでは?
改造されたがっていたのも、どちらかというと、体力モノと言うより、学者とか、政治家とか、頭でっかちで、歪んだ感じのをたぶらかして、改造してやるから、言うことを聞け、みたいな雰囲気でした。

一番最初の仮面ライダー、250円くらいのシリーズで単行本が出ていますが、どこ行ってもすぐに売りきれてしまうようですね。
あれ、立ち読みすると、どうも、本郷猛って、金持ちのボンボンで、天才的頭脳で、って、一人で戦う、どうも、バットマン、イメージしたような雰囲気もあるな、と、ちと、思いましたが。


改造人間 投稿者:マグ公  投稿日: 5月16日(水)23時14分43秒

☆惑星Eさん
そういえば、だいぶん前に「ファミリー劇場」でやってた一番最初の「仮面ライダー」の
かなり最初の方の話で、ショッカーが一般人を拉致してきて改造するシーンがありました。
で、その改造シーンの中でショッカー首領が「5万ボルトの電流に耐えたら改造する」と
いうようなコトを言ってました(数字はあやふやですが・・・)で、ビビビ!と、哀れな
一般人に電流を流すのですが、それにせっかく耐えたというのに、いきなり「次は10万
ボルトだ!」とか言ってさらに電流を流してしまい、結局殺してしまってました。
ンなコトしてるから、一話あたり一体ぐらいしか怪人を作れないんだろうなぁ・・・と、
心の中でツッこみをいれてしまいました・・・

そんなこんなで、「改造後に電気に耐えられるようになる」のではなく、どうやら「電気
に耐えられるヤツを改造する」ようです(笑)
きっとハヤブサ選手や雁之助選手達は、これからショッカーにさらわれて改造されるので
しょうね!

P.S.某スナイパーライフルも、工場生産の段階で精度のいいものを作るワケではなく、生
産したライフルの中から精度のいいものをスナイパーライフルとして売り出しているよう
です(笑)

http://www67.tcup.com/6714/magkou.html


この人が 投稿者:惑星E  投稿日: 5月15日(火)07時18分51秒

改造人間でもないのに、1万5000ボルトに耐える超人。

http://www.msnusers.com/tgc5t0lrdn7qkj3647bn8sbib6/msgattachments/2


中央線のゴジラバー 投稿者:惑星E  投稿日: 5月15日(火)07時15分55秒

頂き画像庫には入らない、150Kくらいあるので、惑星Eにリンクして、ゴジラ画像を。
この着ぐるみ、当方関係のお客サンから、もらったそうです。
バーの名前は、1954.

http://www.msnusers.com/tgc5t0lrdn7qkj3647bn8sbib6/msgattachments/1


裏話 投稿者:マグ公  投稿日: 5月14日(月)23時26分18秒

☆bonsoさん
>>ライティングがこれまでと違って、工夫されてるのかな?
実は今回、いつもは夜に人工の光の下で撮影するところ、なんとなく日曜日の昼下がり(他
にやるコトないんか?!)に、お日様の光差し込む部屋で撮影したのですよ。
最初のウチは「あっれぇ〜・・・お日様の光が入ると、ヘンな感じになっちゃうなぁ・・・
よぉし、カーテン閉めちゃえ!」と、なんとか日光を遮断しようとしていたのですが、いく
ら頑張ってもどっかこっかから光が射し込んでくるので、結局諦めて「まあ、コレはコレで
面白っぽいからいいや・・・」と、そのまま撮影してしまいました(笑)
なんとなく一番左のG3がアニメっぽくなってて笑えるんですけどね。

http://www67.tcup.com/6714/magkou.html


たくさんいただきました。(^^) 投稿者:bonso  投稿日: 5月13日(日)23時31分06秒

マグ公ちゃん、
「いただき画像庫」への、
いつもの " 自慢のおもちゃ画像(笑)" 、どうもありがとうです。

写真が上から徐々に表示されたので、
てっきり不死鳥隼でも地面に横たわっているのかと(笑)。

ライティングがこれまでと違って、工夫されてるのかな?
反逆光気味のトップライトで、フィギュアのフロント部が
シャドウに落ちているお陰で、ブキミ感が出ていてとても良い感じです。

『画像庫』で、
こういう特撮ライティングの講座をやろうと思ってたんだけど、
どう易しく説明したらいいか、ノビノビになっているままだよ〜。
ハハハハ! ← 笑って誤魔化す。

惑星Eさん、
おっと、お返事がまだで、失礼いたしました。
ハヤブサ勝利ポーズの画像、データが大きすぎて
「いただき画像庫」には入りきれなかったんですね。

メールでちゃんと受け取りました。ありがとうございました。
フォトショップLEなどがあれば、画像データ縮小も楽ちんだと思いますよ〜。


白目ゴジラ。 投稿者:bonso  投稿日: 5月13日(日)03時45分42秒

フォトショップ、私も早く使いこなせるようになりたいですねえ。
会社にある分をちょこちょこいじらせてもらってますが、
機能が豊富で、なかなかてこずってます。

「ファンタゴールデンアップル」
早々と決着ですね? 『お尋ねマンガ&ヒーローズ』の
格好のネタにさせていただきましたが(笑)。

ミスターピブは、コーラより味がマイルド、が売りだったと思います。
昭和40年代の後半くらいの販売でした。
茶色っぽい缶に白地のロゴ、だったように覚えています。
あと、完全に勘違いかも知れませんが(相当にあやふやですが)、
南九州コカコーラボトリングの、九州限定商品だったような・・??

『大怪獣総攻撃』
丁度昨日買った、特撮雑誌「宇宙船」に、
プロデューサーのインタビューが載っていましたよ。

ヤマト3聖獣は、昨年末の設定では、
アンギラス、バラン、バラゴン、だったそうです。
正月映画ということで、怪獣オールスターでいこうと、
また、最凶悪ゴジラを見せるには、ライバルはこれくらい強力でなければと、
最終的にキングギドラ、モスラ、バラゴンに決定したとありました。

どうも何となく、序盤でのバラゴン惨殺が期待出来るっぽい気が・・。
そして今度こそ、キングギドラの真の首ウネウネが観たいなあ。


ショッカーの新怪人?レッサーパンダ男(弱そう…) 投稿者:こさむ  投稿日: 5月11日(金)18時51分33秒

>レッサーパンダ
可愛いっしょ?この子は神戸の王子動物園ってとこにいるのですが、
癒されたくなった時に時々逢いに行ってます。
画像庫に貼らしていただいたのは、以前撮ってた写真をPhotoshopで加工したものです。
ニュース系掲示板でジョークネタをかますつもりだったのですが、
作っている最中に犯人逮捕の速報が流れてタイミングを逸してしまいました(笑)。

>ファンタゴールデンアップル
この件、どうやらやはり実在しなかったということで結着した模様です。
コカ・コーラ社が公式にその存在を否定しているとか。
>ミスターピブ ですか?
上記の件でいろいろ検索してたらこの名前もちらほら見かけたのですが、
私の記憶にはないですねぇ。コカ・コーラの弟分ってことは、味がいくぶん
マイルドなのでしょうか?それともただサイズが小さいとか?
また、初期のファンタにはオレンジ、グレープに加えて“クラブソーダ”なるものが
あったようですね。こちらは画像で確認できたのですが、白っぽい色でした。

ところで先月チャンネルNECOで“ガメラ特集”をやってましたが、
おまけで『Gを作った男』と題した金子修介監督へのインタビューがありました。
それによると、監督は元々ゴジラの大ファンだったそうですが
「正直言ってただカメに牙をくっ付けただけのガメラはあまり好きじゃなかった。
けれど断わったら2度と怪獣映画の話が来なくなると思って引き受けた」
とコメントしてました。それほど思い入れがあるのなら、念願叶った次回作は
きっとガメラ以上の出来になるはず。ひとつ期待してみましょうか。
(けどキングギドラが人類の味方ってのはやはりどうも…)


レッサーパンダ。 投稿者:bonso  投稿日: 5月11日(金)07時52分29秒

こさむさん、
第1掲示板への可愛らしい(アブナイ?)画像、ありがとうございます。

これは、パソコン合成なのでしょうか・・?
ボケ具合と絵のなじみ方が、ずい分自然な感じもしますが??


ネズバートンでしたか・・! 投稿者:bonso  投稿日: 5月11日(金)00時41分50秒

けんじさん、
貴重な情報、大変ありがとうございました。

ネズバードンが実は、ネズミとハトの合成だったとは・・。
一峰大二のマンガ版にも、ネズミと鳥としか書かれていませんでしたし、
これは、初めて知りました。興奮です。

『感電しますよ』
これは、お懐かしい。
「女狩り」の半田溶助シリーズのひとつでしたっけね。
「がきデカ」よりはもうかなり後の作品でしたか・・。

> 絵が突然ヘタクソに
手を抜いた本人、かまたは、
全部を他人(アシスタント?)が描いた場合がありますよね。

「タイガーマスク」なんか、思い出します。
地下プロレスでミスターカミカゼとの対決の前、
タイガーの控え室をカミカゼの息子の靴磨き少年が訪ねてくるのですが、
この回の絵は、完全に他人のペンによるものでした。

『マカロニほうれん荘』
ペンをサインペンに持ち替えた話、「消えたマンガ家」を再読してみました。
「9巻の一番最後」と、インタビューで鴨川つばめ自身が語っていますので、
ということは、その消えたエピソードとはまた別物だったようです。
「お尋ねマンガ&ヒーローズ」での、続報を気長に待つことにしましょうか。

(「お尋ねマンガ&ヒーローズ」では、「永井豪トラウママンガ」への
 新情報が頂けたようです。惑星Eさん、どうもありがとうございました)


おかえりなさい 投稿者:けんじ  投稿日: 5月 9日(水)00時16分58秒

プロレス、楽しかったですか?よかったですね。
さて、ネズバートンの名前はネズミとハトの合成でネズ・バート・ンのようです。
放送時、ドラマの中では明らかにゴリやスペクトルマンはネズバートンと呼んでいます。
サブタイトルや予告編の字もネズバートンです。
ただ、予告編のナレーター及び再生怪獣として登場した時はネズバードンと呼んでいます。
どちらかと言えばネズバードンの方が強そうですが、放送時の名前を尊重し、私はネズバートンと呼んでいます。
MyHomePageには、実際の発音で表現したいと思います。

マカロニの件もやはりって感じですね。
同じようなケースで山上たつひこの「感電しますよ」っていうマンガがあるのですが、突然、絵が超ヘタクソになる回があるんですよ。それは前後の話のつながりから、単行本でカットと言うわけにはいかないと思うんです。
話の内容は、ある日突然固まった動物の糞が主人公の家に送られてきて、その謎を解くために飛騨方面(だったと思う。)に旅をする話で、苦し紛れに作ったのが見え見えの作品でした。
しょっちゅう休載してましたしね。
こんな恥ずかしい作品を世に出すなんて・・・

ウルトラセブン第12話より貴重ですよ。


旅行から、帰ってきました。 投稿者:bonso  投稿日: 5月 8日(火)23時48分39秒

5月3日〜6日の間、東京旅行にいってきました。
お芝居や、プロレスを観て、大酒を飲んで、楽しく充実した4日間でした。

けんじさん、
スペクトルマン 〜 ネズバードン後編の「怪獣列車を阻止せよ!!」
・・たっぷりと、堪能させていただきました。

ネズバードンの、切られた首が生えてくるシーンがあったと
長年思っていたのですが、私の記憶違いだったようです・・。
こんなことが分かっただけでも、何か、楽しいなあ。

それと、夕べ気づいたのですが、ネズミとトリで、
ネズ・バード・ンではなく、もしかして本当はネズバー " トン "
だったのですか? 新たな疑問です。

『マカロニほうれん荘』
そういえば、「消えたマンガ家」の鴨川つばめインタビューで、
最後の方にサインペンでいい加減に描いてしまった回があり、
もう続けられないとはっきりした、〜 というような発言がありましたね。

今まで気にとめていませんでしたが、
これが、けんじさんご指摘のお話のことなのかも・・。


書き込みありがとう 投稿者:けんじ  投稿日: 5月 6日(日)02時52分44秒

掲示板への書き込みありがとうございます。
スペクトルマンのLDを手に入れることができたのはもともと、この「なんだ馬之助」のコーナーに書き込んで、それを読まれた方から情報をいただいたのです。
それで通販で第二巻(思ったより安かったので)を手に入れ、第一巻はかなり躊躇しましたが、東京へ行ったついでに寄った店で中古で8万円。
ですから、このコーナーがなければ、買ってなかったかもしれません。
だからbonsoさんにはとても感謝してますよ。
それから、マカロニ・・・の件も、早々に調べていただいて感激です。新しいコーナーまで作っていただいてありがとうございます。
でもあの話が単行本で見当たらないのはわかるような気がします。
いかにも締切りに間に合わないって感じの、内容の全く無い話ですから。

ではお楽しみの宇宙猿人ゴリ「ダストマン編」は気合を入れて作成しますね。