過去のログ 平成13年 7月


円谷浩氏が死去 投稿者:コズミック★ブルース 投稿日:2001/07/29(Sun) 01:05 No.277   HomePage
だ、そうです。まだお若いのに。
リメンバー、『宇宙刑事シャイダー』沢村大…焼結。


Re: 円谷浩氏が死去 おじさん - 2001/07/30(Mon) 04:55 No.280  

円谷英二監督のお孫さんですね。
爽やかな印象の方でした。
残念です。ご冥福をお祈り致します。


Re: 円谷浩氏が死去 bonso - 2001/07/31(Tue) 01:06 No.285   HomePage

宇宙刑事シリーズは、
それまでにないアイディア満載の新ヒーロー番組として登場し、
その後の色々な特撮番組にもたくさんの影響を与えましたね。

「〜 シャイダー」では、
ギャバン、シャリバンと比べ、円谷浩さんがJAC出身でなかったため、
アクションシーンでは、主に相方のアニーが魅せてました(これも大人気)。

3代目宇宙刑事よ、安らかに眠れ・・。


元気になりました 投稿者:けんじ 投稿日:2001/07/28(Sat) 20:47 No.275  
スペクトルマン「ネオヘドロン(后編)」UPしました。
皆さんの応援感謝します。


Re: 元気になりました けんじ - 2001/07/28(Sat) 20:49 No.276  

おっとURLを忘れていた。
http://users.goo.ne.jp/great_typhoon/


待ってました・・! bonso - 2001/07/31(Tue) 00:36 No.284   HomePage

けんじさん、
お知らせありがとうございます。ネオヘドロン更新、お待ちしてましたよ〜。
この猛暑で、体調を壊されていたそうですね。お見舞い申し上げます。

今回も堪能させていただきました。
色とりどりのプラスチックのおもちゃのようなスペクトルバックルは、
覚えていた通りでした(この種類のは、今回限りだったでしょうか?)。

スペクトルフラッシュ発射時のジェスチャーは、
はっきりと決まった " 型 " がまだ出来ていなかったんですよね。

「グッドモーニング」・・(笑)
この頃のヒーローらしからぬ、蒲生譲二の剽軽さがとても魅力的です。


『アニマルファーム』 投稿者:こさむ 投稿日:2001/07/20(Fri) 04:01 No.239  
またまたこんなマニアックなのを思い出してしまいました(笑)
故・石森章太郎先生の作品で、原作はジョージ・オーウェルの
『動物農場(Animal Farm)』。
少年マガジン1970年35〜38号に掲載された、短期連載作品です。

農場の動物たちが人間の農夫に対して反乱を起こし、自分たちで
農場の自治運営を始めるというお話で、動物たちのリーダー格で
ある2頭の豚が中心キャラとして出て来ます。1頭は正義感が強
く理想主義のツートンカラーの豚。もう1頭は腹黒いところのあ
る現実主義の黒豚。2頭はやがて意見の対立から反発し合うよう
になり、黒豚が策を弄して2色豚を追い出してしまいます。

権力の座についた黒豚は、独裁者として圧制を敷くようになり、
酒を飲みながら高笑いするその顔がだんだんと人間の顔に…
というシーンでおしまい。童話チックな設定の割には救いのない
ラストが、妙に心に残る作品でした。


Re: 『アニマルファーム』 こさむ - 2001/07/20(Fri) 04:02 No.240  

原作が、共産主義を風刺した小説であると知ったのはずっと後のこと。
平等であるはずの共産主義社会に特権階級が存在することを、
痛烈に皮肉った作品だそうです。(確か新潮文庫から出版されていた
と記憶していますが、現在では廃刊になっている模様です)

マンガの方にそのシーンがあったかどうかは定かでないですが、
権力を握った黒豚は「すべての動物は平等である。しかしある動物は
他の動物よりももっと平等である」というスローガンを掲げます。
“もっと平等(more equal)”─文法上あり得ないこのフレーズは、
一見平等の中にある不平等を表わす言葉として、欧米のマスコミで
しばしば引用されているようです。

この頃の少年マガジンは大学生あたりが読者層の中心であったと聞き
ますが、それにしても少年誌にこうしたバリバリの社会派作品を平然
と載せてたのですねぇ。
(山上たつひこの『光る風』が連載されていたのもこの頃でしたか)
当時はまだマルクス主義に傾倒した学生たちが多くいたと思いますが、
彼らはこの作品をどのように受け止めたのでしょうか。


Re: 『アニマルファーム』 おじさん - 2001/07/21(Sat) 07:02 No.247  

手塚治虫先生の「ジャングル大帝」も一部、「動物農場」
を意識して書かれた部分があるようです。


ザムザ復活 おじさん - 2001/07/23(Mon) 03:38 No.249  

手塚治虫先生の「ザムザ復活」がカフカの「変身」を
下敷きにしているのと同じ趣向なのでしょうか。
レオは動物が動物を捕食(搾取のメタファー?)するのを
やめさせるためレストランを始めました。




ユートピア世代? こさむ - 2001/07/25(Wed) 18:16 No.257  

おじさんの書き込みを見て、改めて『ジャングル大帝』を読み返してみました。
なるほど物々交換の食堂のくだり、確かに『動物農場』に通じるものがありますね。
ただ方向性は180度違っていて、風刺ではなく肯定的に描かれているようですが。
戦後民主主義者であったと云われる手塚治虫にとって、やはりそれはあくまでも
理想郷として描かれねばならないものだったのでしょうか。

そういえば昨年、CATVで宮崎駿監督の『未来少年コナン』を初めて観たのですが、
そこでも原始共産制社会?を営む村が“善なるもの”として描かれていました。
(とても大雑把な見方ですが)
アニメに詳しい友人から聞いたところによると、なんでも原作者が旧ソ連の出身の方だとか。

そういう世代なのでしょうか。マンガ・アニメの世界に大きな足跡を残す両巨頭の作品に
共通したユートピア観が見られるのは、なかなか興味深いものがあります。


Re: 『アニマルファーム』 bonso - 2001/07/26(Thu) 00:27 No.260   HomePage

ぼくらマガジン以外の少年マンガ雑誌も、
親戚の兄ちゃんの部屋でたいていほとんど読んでいたとは思いますが、
さすがに印象に引っ掛かっていない作品も多いです。

そういえば、あの手塚先生作品でも、
怪獣・妖怪もの以外だとかなりウトいのですね、私。
とりあえず、ロクに知らないあやふやな状態でのレスも失礼ですので、
(えっ、いつもそうですか・・?)ROMさせていただいてます。

ああでも、こさむさんとおじさんと、いらっしゃって良かったですよ。
お2人のご意見の交換を拝見するだけでも面白く、とても興味深いです。
(話題を制限するものではありませんので、どうぞ色々と聞かせて下さいね)

少年マガジンキャラクターのアイコンが、まだなかったですね。
2〜3、考えてます。また、マイナーなのを(笑)。


どこにもない世界 おじさん - 2001/07/26(Thu) 06:10 No.261  

こんな考えが、私の心を巡りました。

「ジャングル大帝」のメインの登場人物?は
「動物」であり、彼らは「人間」ではない。
ヒューマニズムの作家とされる手塚治虫先生が
「人間」では無い彼ら「動物」を用いて
「ユートピア」の夢を描いているのはなぜなのでしょう。

これは私の思い過ごし(悪夢)でしょうか。


Re: どこにもない世界 こさむ - 2001/07/26(Thu) 06:59 No.262  

宮崎駿監督の『ナウシカ』や『もののけ姫』が(いささか乱暴な解釈ですが)
怪物や妖怪の世界=善 人間社会=悪 という図式で成り立っているのと通じる
ものがありますね。前者を“自然の営み”と解すれば分からなくもないのですが。

まぁこれだけ環境破壊が進めば、そうした考え方も頷くよりほかありません。
イデオロギー的背景は抜きにして。
(ファンの人に怒られそうだな。私も宮崎アニメは大好きですよ)

24時間エアコンを付けっぱなしでいることをちょっと反省。それにしても暑い…。


ラピュタとヤフー おじさん - 2001/07/27(Fri) 06:49 No.264  

ジョナサン・スゥイフトの「ガリヴァー旅行記」
に登場する「フウイヌム国」を思い出しました。
人の国に比べて馬の国の立派なこと。
醜い獣ヤフーとガリヴァー。

巨人プロブディンナグ王の言葉、
「おまえたちは、不快な害虫の中でも最も
悪質な一種だ・・」

私は人間はそんなに捨てたものではないと
思うのですが・・。

「何であるかは問題ではない、可能性が問題」
(ジーン・ロッデンベリー)


どこにもない世界 bonso - 2001/07/28(Sat) 01:33 No.271   HomePage

「漫画というものの本質を、ズバリひと言でいうと、なんでしょう。」
「風刺ですよ。」

・・20数年前に読んだ、
手塚治虫先生のインタビューの締めくくりにこうあったのを覚えています
(調べてみると、昭和52「マンガの描き方」でした)。

手塚先生マンガで、テレビ放映になったものにどうしても私は馴染めなくて・・。
昨年でしたか、タイトル覚えていませんが手塚キャラクターが集合した、
手塚プロの新作など、観ていて腹立ちをさえ覚える居心地の悪さでした。

ジョン・レノンの場合と同じく、
人は天才・偉人をすぐにヒューマニズムで祭り上げたがるけど、
手塚先生マンガの本質は、容易にヒューマニズムに結び付けられる
ものではなく思えますねえ・・。

ちょっと、スレッドのテーマからずれた発言な気がしますが、
知らない作品ばかりなので、・・お許しを(笑)。


至言也 おじさん - 2001/07/28(Sat) 04:15 No.274  

>ジョン・レノンの場合と同じく、
人は天才・偉人をすぐにヒューマニズムで
祭り上げたがるけど、手塚先生マンガの本質は、
容易にヒューマニズムに結び付けられる
ものではなく思えますねえ・・。

・・・まさしくその言や良し、
我が意を得たりの感があります。
私が常日頃思っていたことを
代弁してくださっています。

「ラべリング」つまりレッテルを貼りつけることは、
こういった場合に限らず危険だと思います。
虚心坦懐に自分の目で見て考えることが大切ですね。


ワタシのアナタ bonso - 2001/07/31(Tue) 00:01 No.283   HomePage

ファンによる、スーパースターに対するヒューマニズムのラベリングとは、
いうなれば " ワタシのアナタであれ " と、強要する行為に他ならないのでしょう。

・・尤も、今度はそれが " ファン " というものの本質なのかもしれませんが。


今東京にいます。 投稿者:ボンソ携帯 投稿日:2001/07/20(Fri) 16:11 No.244  
今日から3日間、東京でプロレス観たりしてます。
帰ってきたら、また遊んでくださいね〜。
それまでは適当にごゆるりとおくつろぎくださいませ。

東京は、大分よりも涼しいっす。


東京にいたのね! まま - 2001/07/21(Sat) 04:37 No.245   HomePage

スカイメールのトンチンカンなメール失礼しました。
だって…今日の試合の事、すっかり忘れてました。
ってゆ〜ことで…!馬車馬のよぉ〜に今日も働いてきたぞ!!
ちぇっ!今晩も、働いてやる…!どうぞ、今宵も辱しめられてください
!うううぅ〜新しい待ちうけ画面が楽しみじゃのぉ〜!


どーりで caneco - 2001/07/21(Sat) 20:01 No.248  

こちらでははじめまして。そしておひさしぶりです。
FMWのPPV見てたらbonsoさんらしき人がいたので、
もしやと思ったら東京にいってたんですね。
メインの後半のほうで結構大きく写ってましたっす。
1秒ほどですが、はっきりとわかりました。
ではまた。


帰って参りました bonso - 2001/07/24(Tue) 01:00 No.253   HomePage

夕べ、無事大分に帰りつきました。
ちょっと、各掲示板のお返事が遅れ気味になりますが、
ぼちぼちといかせてくださいネ〜。

エンターテイメントプロレスリングFMW、
後楽園ホール大会初観戦、サイコー! すごい、面白かったー!

ままんこ、
というわけで、ままんこが働いている間、
私は東京でプロレス観戦を楽しんでおったのじゃ。
それを自慢してあげようと携帯メールを入れたのばい〜。
ふほほほ、下々の者は北の国で働くが良い、働くが良い(笑)。

canecoさん、
どうも〜。5月の隼復活宴会以来ですね。
あの時もままんこを仲間はずれにして、楽しかったですよね(笑)。
次は8・11駒沢で仲間はずれにしてやりましょう。

映ってましたか、ペイ・パー・ビューに。
場外乱闘がまるでわざとででもあるかのように
私のすぐ近くで繰り広げられていましたね。何度も(笑)。


8・11駒沢 caneco - 2001/07/24(Tue) 11:00 No.254   HomePage

そうそう。次は8・11でしたね。わすれてた(笑)。
また近くなったら連絡するのでよろしくです。
>映ってましたか、ペイ・パー・ビューに。
ええ。メインの後半で金村の爆ヤマのあとあたりで、
吉田専務と2ショットって感じでした。



吉田専務と・・ bonso - 2001/07/25(Wed) 23:50 No.258   HomePage

てっきり隼が目の前で暴れているトコかと思ったら、何か、やだな(笑)。
最初の乱闘に巻き込まれて、選手の下敷きになって、
若手から助け起こされているのは映ってないんスね。ほっ。


ちっ まま - 2001/07/27(Fri) 05:13 No.263   HomePage

↑↑↑情けない・・・(笑)
さて!あとで、もう一回ビデオチェックだ…


ままんこ bonso - 2001/07/28(Sat) 00:09 No.266   HomePage

ビデオチェックなど・・

するでない!(笑)


三太夫 投稿者:おじさん 投稿日:2001/07/20(Fri) 02:33 No.238  
面白いです。

http://www.fortunecity.com/victorian/klien/627/arashi1.GIF

http://www.fortunecity.com/victorian/klien/627/arashi2.GIF



Re: 三太夫 おじさん - 2001/07/21(Sat) 06:55 No.246  

毒蝮さん「ミカドロイド」にも出演されてましたね。


おまけ
http://cnn.co.jp/2001/SHOWBIZ/07/05/review.pearl.harbor/index.html#1

こんな脚本は常識では考えられません


撃つな、アラシ! bonso - 2001/07/24(Tue) 00:53 No.251   HomePage

はて、この画像は何なのでしょう?
・・むむ、残念ながら、意味が分かりませんでした。
arashi というからには、ウルトラのアラシ隊員の関係なのでしょうか?
そして、arashi1 と 2 で同じ画像なのは果たして・・??

「ミカドロイド」
あの、暗〜いトーンの画面において、
毒蝮三太夫さんの安心感のあるキャラクターは、一服の清涼剤でした。
嬉しい起用でしたよね。


コーヒーないんだよ おじさん - 2001/07/25(Wed) 02:29 No.255  

bonso さんお帰りなさいませ。
「ミカドロイド」は私の最も好きな特撮作品です。
時折むらむらと観たくなります。
ところで私は「ミカドロイド」からこんな連想が浮かびました。

「ミカドロイド」の樋口真嗣特技監督→樋口真嗣特技監督は
「ガメラ」→「ガメラ」は金子修介監督→金子修介監督作品
映画「毎日が日曜日」→「毎日が日曜日」の主演は
佐野史郎さん・佐伯日菜子さん(二代目黒井ミサ)
→佐伯日菜子さんの好きなアニメは「不思議の海のナディア」
→「不思議の海のナディア」の後半は樋口真嗣監督
(総監督は庵野秀明監督)

色々なつながりがあるもので、うれしくなりました。


うーむ おじさん - 2001/07/25(Wed) 02:55 No.256   HomePage

アラシ隊員のGIFアニメ消されてるようです。
色々なところにリンクが貼られていたからかも?

裏岐阜アニメ名作劇場URL↑
他は生きてるようです。


ジンラ號の bonso - 2001/07/26(Thu) 00:24 No.259   HomePage

・・アイコンとか作ると、良い感じでしょうねえ(笑)。

「ミカドロイド」
〜 は、ろくに宣伝もなく、ひっそりとリリースされましたよね・・??
レンタルビデオ店で初めて見つけた時は、監修・実相寺昭雄?
・・何だコレ? と、即カウンタに持っていきました。

鬼気と物悲しさとが、ヒタヒタと冷たく静かに心に迫ってくる、
忘れられない大好きな作品のひとつとなりました。

> アラシ隊員の謎
あ、こういうことだったのですね。なんと、バッド・タイミングでした。