過去のログ 平成13年 9月


昨日は映画の日だったので 投稿者:こさむ 投稿日:2001/09/06(Thu) 03:31 No.474  
2本ハシゴしてきました。

『ジュラシックパーク3』
それなりに面白かったのですが、さすがにあのレベルの映像にも
見慣れてしまうと、もはや目新しさに欠けますね。
時間も短め(1時間33分)で、前2作と比べてやや小粒な印象。
それよりスピノサウルスがT−REXより強いなんて、
古生物マニアとしては断固許せません(笑)。
あの頭部はスピノサウルスというよりバリオニクスのものだしぃ。

『千と千尋の神隠し』
結局おっさん一人で観に行ってしまいました(恥)
この映画は、最後に流れる木村弓の歌う主題歌(♪生きている〜
不思議〜死んでゆく不思議〜ってやつ)も含めて、一つの作品と
して完結していると思うのですよ。絵もちゃんと付いてるし。
なのに観客のほとんどは普通のエンディングロールと同じ感覚で、
ぺちゃくちゃお喋り始めるわスクリーン横切って出口に向うわで、
余韻ぶちこわし。ったく。

いやそんなことより『ゴジラ・モスラ・キングギドラ怪獣総攻撃』
の予告編のことを書きたかったのですよ。今度はなんと2本立て。
しかも併映作品が…『とっとこハム太郎』というアニメ…。
どうやら東宝チャンピオンまつりの復活を狙っているようです。
こりゃあ観に行こうと思ったら甥と姪をダシに使うしかないなぁ…。


映画いきます bonso - 2001/09/07(Fri) 00:32 No.483   HomePage

前回、こさむさんに映画の話題を書き込んでいただいた際、
ろくにお相手出来ないうちに流れてしまって、気にかけていたのですよ。

『ジュラシックパーク3』
先月、「ウルトラマンコスモス」の上映開始時間に5分程遅れてしまい、
完全入れ替え制で途中入場出来ないということで、急きょこれを観ました。
(「〜 コスモス」次の日にいったら、夏休みに入ったばかりだというのに
 観客は数える程しかいなかったけど・・。でも面白かった)

JP3、さすがに後づけの第3段という感じは否めなかったですね。
ヴェロキラプトルが、一応「1」からのシリーズ縦軸なのかも知れませんが、
(「2」は観てないですが)こじつけは難しかったかも・・。

『猿の惑星』
これも観ましたよ。旧昨と比べてしまうせいか、前半はなんだか退屈で、
単なる焼き直しでどういうつもりなんだろう? など思ってましたが、
後半から徐々に盛り上がりましたかね。

> エンディングロール
「猿の 〜」のこれ、いや長かったですねー。最後まで耐えましたが、
いい加減にしろと、何度、途中で立ち上がりたくなったことか(笑)。

映画はこれまであまり観ていませんもので、これからはずんずんいきます。
次は「〜 赤影」あたり・・。秋には「トゥームレイダース」が観たいっす。
そして早くこいこい「大怪獣総攻撃」。バラゴン惨殺、バラゴン惨殺(笑)。


『大怪獣総攻撃』 こさむ - 2001/09/07(Fri) 08:02 No.490  

今度のバラゴンの着ぐるみの中に入っているのは、なんとうら若き女性だとか。
先日ニュース番組の特集で観たのですが、けっこう可愛い感じの方でした。
他にもいくつかの特撮番組でスーツアクトレスとして活躍しているようで、
小ぶりな着ぐるみが必要な時に、その小柄な体型が重宝されているそうです。
誰ですか惨殺、惨殺などと喜んでいるのは(笑)。

それにしても『とっとこハム太郎』と併映かぁ…。
そうだ友人を誘って、そのガキいや息子さんを連れて来させりゃいいんだ。
そうすれば面倒見る必要はないし、こちらの懐も痛まないで済む(笑)。


漢バラゴン bonso - 2001/09/09(Sun) 01:21 No.499   HomePage

バラゴンと同じスーツ女優さんなのか分かりませんが、
「ガメラ大怪獣空中決戦」で、ギャオスは鳥型の怪獣なので、
女性のもつしなやかさ、ずる賢さがいかせると考えた、ということで
(私がいってるんじゃないですよ。樋口特技監督の台詞ですよ(笑))
女の人が選ばれたそうです(日本初)。

特撮雑誌か何だったかの写真で、あまりに小さいバラゴンを見て、
思わずほくそ笑んでしまったのでありました・・。
中身は女性でも、漢を見せて、散ってくれバラゴン!(笑)

「〜 ハム太郎」は、私のようなマニアが映画館内に居残って、
何回も何回も観るのを防ぐためのものなのでしょうか・・??


突然ですみませんが・・・ 投稿者:kkrryy 投稿日:2001/09/08(Sat) 00:57 No.491  
すいません。ここんところの話題についていけないもので
マイペースで書かせてもらいまっす。

週刊ぼくらマガジン1970年第28号
目次

新シリーズ

横山まさみちレポート公害第1弾!ぼくにあしたは?
読者募集作品第発表タイガーマスクのアイディア必殺わざ
BMワイドチャンネル リプリーさんの世界びっくり報告
 「おどろくだろうがほんとうだ!」

大人気まんが

ガクエン退屈男
バロム・1
コンコンコン
タイガーマスク
人形地獄
デス・ハンター
のっとり魔子
餓鬼
モジャ公
マウンドの狼

記事

テストでゴー
タイガー・マスク特集
なんでもわらっちゃおう
切手博物館こんにちは!世界の万国博切手?
高級ギター大プレゼント

第29号のおしらせ

懸賞当選者発表


いやあ・・人形地獄が掲載されていたとは・・・恥ずかしいです。
「パビリオン地獄」が同じ作者だった事に何で気づかなかったんだろう


コンコンコン bonso - 2001/09/09(Sun) 00:24 No.496   HomePage

目次転載、ありがとうございます。(^▽^)
これは、以前にkkrryy さん所有の6冊の「ぼくらマガジン」
表紙画像を紹介していただいた中の1冊でしょうか?

「人形地獄」は、背広を着たおっさん人形の「きえへへへへ」という笑いが
イヤ〜な感じでアタマにこびりついてますねえ・・(笑)。

それにしても、それこそ何度もくり返し読んでいたはずのぼくマガですが、
目次を見ると、何だこれ? というのもやはりありますねえ。
「コンコンコン」、・・って何なのでしょう? うーむ。

あと、「レポート公害第1弾! ぼくにあしたは?」が
横山まさみちマンガなのでしたら、絵の1コマくらい覚えていても
良さそうなものなのですが。うむむむー、悔しー。


つぼにはまった 投稿者:やまお 投稿日:2001/09/02(Sun) 03:14 No.456  
只今[平成版釣りキチ三平]を読み終えました。最初から読みたくなりましたが、昔TVを観た位の知識しかない私の手元に"マタギ列伝"と"9で割れ"(あとエッセイ)位しか矢口高雄先生の本がないので、丸で解りません。KC以外の外伝も合わせると何冊出ているんですか?


釣りキチ三ちゃん bonso - 2001/09/03(Mon) 01:38 No.458   HomePage

「釣りキチ三平」
うーむ、何巻まで出ているのでしょう?
10代の頃(20年前)、マンガ友達が単行本をみんな買ってましたが、
その時ですでに軽く40册以上はあったような・・。

矢口高雄先生の「バチヘビ」は、
当時の小学生には衝撃的なブームとなったのですが、
幻の怪蛇のその後の通り名が、何故バチヘビでなくツチノコと
呼ばれるようになったのか、未だに不思議です。

> 古本購入販売を、
お仕事でされていたんですね。納得しました。
全国3位になるくらい、古本を売り買いした一般の人って何者? と
勘違いしてました。わっはっはっは。

ところで、つかぬことをお伺いいたしますが、ひょっとして・・?
やまおさんって、もしや女性の方なのでしょうか??
> 女は怖いぞー
> バック(特にエナメル皮のヒール
〜 などで、アレッ? と思ったものですから。間違ってたらお許しをー。

(No.448と455の返信を、こちらで一緒にさせていただきました。
 どうぞご了承願いますネー)


本の虫 やまお - 2001/09/04(Tue) 01:18 No.459  

あら、気付いてませんでした?
御陰様で同性とは趣味に関して話が噛み合いません。友達は殆ど新聞もを読まないので、私が漫画をごっそり買っても気にしません。
180度違えば、良い楔になりますぜ。
んが、先日怪しいさびれた古本屋でこれ又売れ残った怪しい福袋を買おうとしたら(流石に)羽交い締めで止められました。
ちっ
※bonso様、こさむ様、だからって[きゃー宗像様〜曽の乗りじゃ無いですよ。純粋に星野ファンですよ。ファンを名乗るには少々ぼきゃぶらりー足りませんが。(笑)


三平&バチヘビ こさむ - 2001/09/04(Tue) 13:03 No.462  

『釣りキチ三平』
とりあえずKC版では全65巻+番外編2巻となっていました。
そんなに続いてたんですねぇ…。またKCスペシャルとして、
全37巻+番外編2巻というのもあるようです。
あの漫画で不思議だったのは、魚紳さんはどうやって生計を立てていたのか…。

『幻の怪蛇バチヘビ』
私もこのシリーズは大好きでした。
通り名については、この作品以前に“ツチノコ”や“ノヅチ”と
呼ばれる怪蛇について紹介された記事を読んだことがあったので、
私自身は“バチヘビ”の方が違和感あったのですが…。
けどブームの火付け役となったのは、まぎれもなくこの作品ですよね。

ちょっと前に話題になった兵庫県のツチノコ騒動、結局鑑定の結果
ニホンヤマカガシということで落ち着いたそうな。
太っていたのは妊娠していたらしく、死後遺していた卵からは、
まぎれもないヤマカガシの仔が孵ったそうです。ちゃんちゃん。
そもそも、もし新種だったとしてもあれをツチノコと呼ぶのは…。


魚紳さん やまお - 2001/09/05(Wed) 02:46 No.463  

私の微かな記憶では、魚紳さんは大会社の釣り好き社長の息子で、父親の釣りに同行しているうちに釣り好きになったのですが、ある時父親の釣針が当時小学生の魚紳さんの突き刺さり、片目の視力を失う程の大怪我を負い、そのショックで父は釣りを止め、反対に魚紳さんは更釣キチ道を極めたと言う話がありましたから大丈夫。きっと会社役員に名を連ねているはず。今ならバスプロっすか?
蛇足:そういえば親友の異父妹が(元ヤン)改造車でサラシ巻いて旗もってクラウン箱乗りで近所の河口湖湖畔を流していたのが縁で(何でだ!)最近バス・プロと結婚しました。世の中そんなもんですか?


ロッドをパラード おじさん - 2001/09/05(Wed) 03:38 No.467  

魚紳さんはたしか弁護士の資格を御持ちなんですね。
フェンシングの名手でもありました。
ロッドを剣代わりにするところ、アニメでは野沢那智さん
の声でかっこよかったです。

ツチノコ、バチヘビといった呼び方、地方によって
異なるようですね。矢口氏の故郷ではバチヘビと
呼ばれているのでしょうか。
沖縄のヒメハブは胴が太く、ツチノコに似ている
そうです。


きょちんさん bonso - 2001/09/06(Thu) 01:07 No.471   HomePage

あっ、ツチノコは、バチヘビが最初じゃなかったんですね。
九州の田舎なもので、情報に時差があったようです(笑)。
こちとら30年、それに気づきませんでした。

ああ、それにしても、もう少しで釣りキチ三ちゃんネタで、
下ネタをぶちかましてひんしゅくを買ってしまうところでした。
やまおさんに事前に確認して良かった、っと(笑)。

受験勉強をしていた頃、笑福亭鶴光のオールナイトニッポンの番組中で
鶴光が矢口プロに電話をして(矢口先生本人はご不在でしたが)、
「魚紳さんのちんちんは大きいですか?」とスタッフに質問してました。
「(笑)、・・はい、大きいです」
「三平ちゃんは?」
「三平ちゃんは普通です」

・・あっ、結局下ネタやってしまった!(わはははっ)


失礼 おじさん - 2001/09/06(Thu) 01:39 No.472  

「どじょうみたいなのをきょときょと」
とか言われてましたね、三平ちゃん(カルデラの青鮒)。
三平ちゃんは中学校出てるんでしょうか、
学校はどうしてるんでしょう。


一番印象に残っているのは こさむ - 2001/09/06(Thu) 02:50 No.473  

旅館で三平がお風呂に入ってると、
ヒロインの女の子(名前何でしたっけ?)が入って来て、
湯舟で泳ぎ始めた拍子にオッパイに触ってしまう、
というシーンがありましたよね?
ええ何故かそのシーンだけ強く心に焼き付いています。


思い出の名場面 やまお - 2001/09/06(Thu) 03:38 No.475  

ゆりっぺと三平君の雨宿りのシーンが印象に残っています。いやー透けたブラウス越しのブラジャーにどきどきする三平君が可愛いわと、ときめきつつ同時期雑誌に載っていた"学ラン8年組(だっけ?)"を愛読するませた小学生でした。
し・しもねたは、た・多少は大丈夫ですが、JUNE&ボーイズ系に持ち込まれると話が全部受X攻に結び付けられるのは(読んだけど)ヤッパリ苦手です。好きな人がいたら御免なさい。
少年・青年雑誌はガンガン買うのに、れでぃーす本はおろか女性雑誌を買ったことも無いので(美容院見掛けるけど、選択視に無い)男性はその逆の事をしにくいですか?


逆? こさむ - 2001/09/06(Thu) 04:06 No.476  

失礼ながら、やまおさんの感覚がごく普通の“男の子”の感覚かと。
…ときめいたのは三平君にですよね?(笑)

JUNE&ボーイズ系ってのはよくわかりませんが、
私は少女漫画のノリが大の苦手でして、
以前少女漫画好きの友人(♂)に、面白いから読めと
『エロイカより愛を込めて』ってのを5〜6册無理矢理
貸し付けられたことがあったのですが、さぶいぼが立って
とても完読できませなんだ。
なんで登場人物はオトコばっかりで、
どいつもこいつもホモっ気あるんじゃぁぁぁ!!
(ファンの人いたらごめんなさい)


鉄のクラウス おじさん - 2001/09/06(Thu) 04:35 No.478  

「エロイカより愛を込めて」・・・
クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐
は例外ですね(ロレンスもですが、あ、小熊のミーシャも
勿論)

psブツは無事??


ゆりっぺの・・・・ーん おじさん - 2001/09/06(Thu) 04:44 No.479  

> 旅館で三平がお風呂に入ってると

この場面、むかしマガジンで読んでたら
友達に「おまえそこばっかりよんでるやん」
と言われてしまいました。
良く覚えてますねー、今でも。


チャットみたい(笑) こさむ - 2001/09/06(Thu) 05:31 No.481  

>psブツは無事??

えーと例のアレの件ですよね?はい、無事に届きました!
本当に本当にありがとうございました(×100)!
すぐさまメールをお送りしたのですが、ひょっとして
そちらが届いてない…?だとしたら大変失礼いたしました。


さぶいぼついでに、 やまお - 2001/09/06(Thu) 16:23 No.482  

"はいからさんが通る""あさきゆめみし""有閑倶楽部""イーティハーサ"他水樹和佳の本全てお兄様の本です。プリンセス、花とゆめ、プチフラワー、ララ、少女コミックも私に強制的に買わせて読んでたような・・・兄貴が。
女友達に本借るとJUNE(大版小説版創刊号から持っている)ばかりだし。2・30冊なら流して読みますが(本人も持て余していたらしく)どーんと100冊借りたら"厳選拒絶症"になりました。会話がね受け攻めしかないの。必然性が無いの。


草萌ゆる bonso - 2001/09/07(Fri) 00:52 No.484   HomePage

な、何なのでしょう、このスレッドの狂熱的な延び方は?(笑)

私なりに思う、下ネタの極意とは・・(そんな大袈裟な)・・
『うんこちんこいってはけたけたと喜ぶ、3歳児のがきんちょの如く』
・・でありましょうか。あっけらかん、が一番っすよねえ。


BADEND おじさん - 2001/09/07(Fri) 04:06 No.486  

最近やったぱそげーの台詞に魚紳さん出てきました。
魚紳さんの話題が出ないとBADEND決定。
「わたしの好みは魚紳さんなの」
「そおですか・・」云々

ps安心しました(遅れてすいませんでした)。


質問 やまお - 2001/09/21(Fri) 03:06 No.585  

ぶり返しのネタですが、矢口高雄先生のエッセイ本に"釣りキチ三平"の魚紳さんの実在のモデルについての漫画と記述が載っている本を読んだ覚えがあるんです(下の名の魚紳本名で流用させて頂いているとか)タイトルが思い出せません。教えて下さい。魔窟を捜していたら副産物で"釣れづれの記"を発見。当時三平君がアニメ化された時のエーピソードの中で私が記憶していた三平君とゆりっぺの雨宿りシーンは、みなみらんぼう氏の詞で[少年の夏]を元に描き、作者本人が歌を担当しキングレコードから発売したそうです。歌は覚えていませんが子供心に宣伝やら何やら雑誌の刷込で記憶されていたのね。


古代史の旅 投稿者:おじさん 投稿日:2001/09/05(Wed) 05:56 No.468  
比売大神(比賣大神)の「比売」は、日本語の「ひめ」の
音を漢字の音を借りて表記したものです。
「大食都比売大神」なら「おおげつひめ」と名前がわかる
のですが、比売大神だけでは名前がわかりません。
それゆえ、

1宗像の三女神説。神宮の説はこれです。
(「古事記」に、高天原にやってきたスサノオノミコトが、
アマテラスオオミカミと天の安河で向かいあい、悪心の
ないことを証明する為に、誓約(うけひ)をする。
アマテラスはスサノオが腰に帯びていた十拳剣を取って
三つに折り、天之真名井の水で濯い、口の中に含み
噛み砕いて吹き出した霧から、三女神は生まれたと
記されている。名前は資料によって異同がありますが、
古事記 では
多紀理毘売=奥津島比売命、
市寸島比売命=狭依毘売
多岐都比売命となっています。)
2玉依姫説。神武天皇の母親。
3応神天皇の伯母神説。
肥前一之宮の河上大明神。神功皇后の妹。
4弟日売説。応神天皇の妃。
5姨神説。応神天皇の伯母。
6仲姫命説。応神天皇の皇后。
7姫御神説。応神天皇の皇女。
8比売語曽説。新羅の王子天之日矛の妻。
9下照姫説。
10菟狭津媛説。
など諸説有るようです。

「比売大神=卑弥呼説について」

平山朝治氏の最小二乗法による推定では、応神天皇の
即位年は信頼度99%でAD387,8-454,0であり、卑弥呼の
遣使(AD238または239,景初三年説をとれば239)
とは148,8-215,0年の差が有ります。
よって卑弥呼=神功皇后説は成り立ちがたいと思われます。
そこで、

比売大神の正体を地上の人物として考えるなら、神功皇后、
応神天皇らより年輩であったと思われます。また、
尊重される立場にあった人物であると思われます。
平山氏の最小二乗法による推定によると、皇室の祖先神
であるアマテラスオオミカミを実在した地上の人物として
考えるなら、その即位年は信頼度99%でAD176,7-271,9
となります。すると「比売大神」はAD176,7-454,0に
活動した人物と考えるのが自然です。

ここでは神話上の人物は地上の人物の姿を写したものと
考えてみます。
すると「比売大神」の候補者として、
「アマテラスオオミカミ」
卑弥呼
卑弥呼の宗女台与(壱与)
「万幡豊秋津師比売命」
(ヨロズハタトヨアキヅシヒメノミコト、
天之忍穂耳命の妃、邇邇芸命の母親)
「木花之佐久夜毘売」(コノハナサクヤヒメ、
邇邇芸命の妃)
「豊玉毘売命」(トヨタマヒメノミコト、
火遠理命つまりヤマサチヒコの妃)
「玉依毘売命」(タマヨリヒメ、
神倭伊波礼毘古尊つまり神武天皇の母親)
「媛蹈鞴五十鈴媛命」(ヒメタタライスズヒメノミコト、
神倭伊波礼毘古尊の妃)

らの名前が挙げられます。

個人的には卑弥呼、卑弥呼の宗女台与(壱与)、
「万幡豊秋津師比売命」、「豊玉毘売命」
「玉依毘売命」などが仮説として考えうると思います。

それにしても菱形山に眠るのはどなたなのでしょうね。
(秦氏については後日に)


清白 bonso - 2001/09/06(Thu) 00:48 No.470   HomePage

まだ深く話題に入っていけませんが、伝記物作品を読んでいると、
" 誓約(うけひ)" など、大分県庄内神楽 の写真撮影を何年もやった
私には馴染みのある言葉が出てくるのが楽しいですね。

" 誓約(うけひ)" の画像です。

" 清白 " ともいいまして、この神楽舞いを伝承しているのは、
庄内十二神楽座の中でも、もうこの写真の一座だけなようです。


古代史の旅2 おじさん - 2001/09/06(Thu) 04:11 No.477  

「 誓約(うけひ)" の画像」拝見させていただきました。
ありがとうございました。
右の人物はスサノオノミコトでしょうか。
神話ではアマテラスオオミカミも髪型を男性のそれに
変えていますね。

上の補足を少し・・
最小二乗法は、グラフ上に散らばった各点
(Bi,Ai)(i=1,2,…,n)から、できるだけ
平均的な距離にある直線を求める方法です。
その直線の式は、
  A=A0+βB
(A=A0+βBは一次関数)

(ここで、A0とβは定数であり、以下の式で
求められる。
A0=(ΣBi)(ΣAiΣBi)-(ΣAi)(ΣBi2)/(ΣBi)2-
nΣBi2
β=(ΣAi)(ΣBi)-n(ΣAiΣBi)/(ΣBi)2-nΣBi2)

横軸に天皇の代、縦軸に天皇の即位年を
とると、Biは天皇の代、Aiは即位年であり
点(Bi,Ai)をつなぐと折れ線グラフになります。
式A=A0+βBであらわされる直線は
いわゆる回帰直線です。
この直線を延長すれば、天皇の即位年を
推定できるわけです。
(最小二乗法では,各点から直線まで,縦に
おろした線分の長さの2乗を計算し,全部の
点での値の合計を計算して,これがもっとも小さく
なるように直線を決定します。直線の傾きの
推定値βは,最小二乗法ではより小さい方向に
ずれることが知られており、その点を考慮すれば
天皇の推定即位年はやや後世にずれる可能性
があります。)

平山氏(筑波大学)の推定では神武天皇の
推定即位年は信頼度99%でAD232,6-319,6
となっています。(回帰直線から得られる
神武天皇の推定即位年は276,1)※1

ところで、1999年9月から始まった大和
(おおやまと)古墳群調査委員会
(橿原考古学研究所と桜井市教育委員会)の
第4次調査で、最古の前方後円墳とされる
ホケノヤマ古墳は、 出土した木槨墓の炭の
C14鑑定によって、 225-250年頃に築造されたと
推定する説が発表されています(※2)。
(C14鑑定は、AD120年を中心にして、
75-215 年とAD120年を中心にして、80-155年)

この古墳は同時期の他地域にない規模と、
後の古墳への継続性を備えています。
埋葬施設の構造が瀬戸内地域に見られる
木槨(もっかく)を持っおり、また、副葬されて
いた土器、銅鏃(やじり)は東海地域の系統の
もののようです。

「ホケノヤマ古墳」は神倭伊波礼毘古尊つまり
「神武天皇」の墓ではないでしょうか。

※1一般に神武天皇は実在しなかったと説明
されているが(いわゆる欠史八代説)、
合理的な根拠に乏しい。

※2ホケノヤマ古墳が 225-250年頃に築造
されたとする説は、いわゆる「邪馬台国東遷説」
にとっては都合が悪い。卑弥呼が没したのは
248年頃とされているからです。


比売大神とは誰か? こさむ - 2001/09/06(Thu) 05:18 No.480  

ああ理数系の話を持って来られると弱い…(笑)。と、とにかく、
比売大神と天照大神と卑弥呼の時代は一致するということですよね?
それを踏まえて…

宇佐神宮に祀られる比売大神(ヒメオオカミ)という名前は、
私も常々不思議に思っていました。これじゃ現代風に言えば、
“女神様”程度のニュアンスしかないですもんね。
思うに、これは名前が“隠された”わけではなく、古い時代には
『ヒメ』という呼び名だけで了解できる、根源的な女性が存在した
ということではないでしょうか?

また『卑弥呼』についても、名前というより“日(火)の巫女※”
を意味する“役職名”に近いものであったと考えていいでしょう。
これは魏の使者が勘違いした、あるいは高貴な人物の名を呼ぶことの
タブーから本名を知らされなかったとも考えられますが、それでは
何故『壱与』という、おそらく固有名詞であろう名は記されている
のか、という疑問が残ります。おそらく卑弥呼も、『日(火)巫女』
だけで通じる、根源的な存在であったのでしょう。

古代日本における、根源的な女性…すなわちアマテラス。
ヒメ(日女?)…日巫女…天を照らす神…
やはり比売大神=卑弥呼=天照大神と考えるのが、当然の帰結と
言えるのではないでしょうか(←かなり強引)。

※私は、古代においては日と火は(同じ“ヒ”と発音することからも)
同一視されており、日の神が地に降り立ったのが火(=火山)の神と
信じられていたのではないか、と考えています。


東日流外三郡誌-和田文書 投稿者:おじさん 投稿日:2001/08/28(Tue) 01:57 No.433  
>NHK教育テレビで
まったく知りませんでした。こさむさん、貴重な情報
ありがとうございます。
「東日流外三郡誌」真贋論争については
単行本がいくつかあり、少々調べて見ます。
ただ、「全貌社」が発行もとのは少し気になりますねぇ。


長髄彦の謎 こさむ - 2001/08/28(Tue) 23:52 No.436  

例えば出雲の国津神であった大国主命の場合、『記・紀』においては
“国譲り”という形で、天孫族に対してあくまでも平和裡に支配地の
譲渡が行われたと伝えていますが、一方で素戔嗚尊の子孫という地位
を与えたり、以前は東大寺大仏殿を凌ぐ日本最大の建築物であったと
云われる出雲大社(一説には大国主の陵墓そのものであるとも)を建
立し、神道では異例の“四柏手※”を拝礼作法とするなど、大国主の
“魂鎮め”に躍起になっている様子が窺えます。

これは“国譲り”が実際には『記・紀』の伝えている内容とは逆に、
大国主の軍勢と争い流血の末に奪ったものであり、殺された大国主の
祟りを怖れていた、と見るのが妥当でしょう。

それでは、同じく大和地方を支配していた王であり、神武東征の際に
争った長髄彦の場合はどうでしょう?
『記・紀』では容赦なく“大逆賊”とのレッテルを貼り、その死を無
情に描写するのみであります。
なぜ長髄彦の祟りは怖れないのか?

私はこの違いに着目して、長髄彦の場合もやはり事実は逆と見るべき
ではないか?と考えているのです。
すなわち、神武に破れはしたものの、命を奪われるまでには至らず、
東北に落ち延びて、後に“荒吐王国”“日高見国”として大和朝廷に
対抗する国家の礎を造った…という『東日流外三郡誌』の記述こそ、
真実の形に近いのではないか、と。
私はこの自説をも少し煮詰めて、いつか本にして発表したいと思って
ます。『本当にあった!古代東北王朝』と題して(←トンデモ本かい)。

※“四柏手”を拝礼作法としている神社は日本で2カ所だけであり、
一方の宇佐神宮は“暗殺された”卑弥呼の墓とする説がありますね。


宇佐神宮 おじさん - 2001/08/29(Wed) 06:53 No.444  

宇佐神宮がある「菱形山(小倉山)」が古墳であることは
確実のようです。被葬者は誰なのでしょうか。
卑弥呼説のほかにも、いくつかの説が有るようです。

京都にも「小倉山」がありますが、姿が菱形山に良く
似ています。宇佐と京都に「秦氏」が多く居住と関係が
あるように思えます。


星☆星#6 bonso - 2001/09/03(Mon) 01:10 No.457   HomePage

地元の話題(大分宇佐神宮)だというのに、
勉強不足でまるで話題に加われず、・・すっ、すびばせん!

こさむさんの、トンデモ本??(笑)がいつの日か読めたならば、
熟読して、学ばさせていただきたいと思っております。(ノ;~β~)

ところで今日、近所の古本店で、
「宗像教授伝奇考」1〜6、「ヤマトの火」、
を手に入れてしまいましたのですよ(やほー)。

「宗像教授 〜」では、絵柄も変わり、ペンタッチも枯れた、
すっかり落ち着いた味わいを醸してますね。知りませんでした。
・・で、面白いっす! まだちょっと読んだだけですが。

というわけで、
勢いでここを " 星☆星スレッドの#6 " と呼ぶことにしましょうか。
(なんてテキトーな(笑))


まだまだ星星&古代史浪漫 こさむ - 2001/09/04(Tue) 12:22 No.461  

ありゃ結局ここも星☆星スレッドになってしまったのですね。
このままおじさんと2人で、場にそぐわない?ディープな古代史
談義に突っ走っていいものかどうか、悩んでおったのですが(笑)

と言いつつもしつこく続けたりして…
>おじさん
宇佐神宮の主祭神は一般的には応神天皇と伝えられていますが、
三柱のうち二之御殿の比売大神が、一之御殿の応神を差し置いて
中央に祀られているという、不思議な配置になっているそうですね。
これはやはり、比売大神こそが事実上の主祭神ということでは。
比売大神(ヒメオオカミ)…まさに卑弥呼を連想させる名前では
ないでしょうか。
また、宇佐神宮の宇佐(USA)も、アソ・ウス・アサマなどと
同じく火山を表わす古代語(AS〜orUS〜)に通じていますし、
卑弥呼=火巫女とすればぴたりと符合するのでは…。
“秦氏”についてのお話もなかなか興味深いですね。
よければ詳しくお聞かせください。

>bonsoさん
おおっ『ヤマトの火』を入手できたとは、とてもラッキーではないで
しょうか。プラス『宗像教授伝奇考』、ナイスセレクトです。
『ヤマトの火』は未完となっており、骨子となる学説の紹介だけで
終わっているため、古代史にあまり興味のない方にはやや退屈かも
知れませんが、ぜひ『ヤマタイカ』も読んで補完してください。
あれは燃えます。いやほんと。
そしてさらに『2001夜物語』『ブルーホール』『ブルーワールド』と、
そのままずんずん突き進んでくださいね(笑)


古代史談義 bonso - 2001/09/06(Thu) 00:46 No.469   HomePage

> ディープな 〜
どうぞ、遠慮なさらず、突っ走ってくださいませ。
知識不足からレスをお返しできないのは、管理人としては恐縮なのですが、
そこをご了承いただき、少し長めのROMをお許し願えるのならば、
為になりますし、とても有り難く、私も楽しいです。

せっかく、誰もが書き込み可能な掲示板ですので、
話題が私の守備範囲だけというのは味気ないですしネ。

何より、お2人の星☆星トークに魅かれて「宗像教授 〜」等を購入、
・・ハマッて、もう全部読んでしまいました。早く次に進まねば!(笑)