過去のログ 平成15年 2月

「トイレット博士」コメン... 投稿者:職人魂 投稿日:2003/02/27(Thu) 04:27 No.2132
sunami.gif私もなかでも「トイレット博士」は最高傑作だと思います。
私の場合は「メタクソ団」結成当時から読み始め「ジャン
プ」そしてバックナンバーと読みあさりました。後半、絶交
と言う大きな問題に差し掛かりよりドラマチックに展開する
ことを期待しながら自分なりにイメージを膨らませていまし
たが開けてみるといつもの展開。編集者の横槍でいつもの
展開に切り替えられたのでしょう。ポエムや音頭と作者が
ありったけの才能を注ぎ仕上げたこの作品は今も「一朗太」
と共に私の頭のなかを走り回っている。


友情マタンキ bonso - 2003/02/27(Thu) 23:14 No.2134

sunami.gif職人魂さん、はじめまして。HP管理人のbonso渡邊です。

小学校から中学にかけて「トイレット博士」は一番大好きなマンガでした。
ジャンプの表紙を毎週のようにスナミ先生や一郎太が飾ってましたよね。

コミックスは17巻くらいまでしか持っていないので後半の記憶はもう
あまりないのですが、「絶交問題」とは何があったのでしょうか?
宜しければぜひ教えてください。

ジャンプの企画で「トイレット博士vs女だらけ」や
「〜vsハレンチ学園(ちょっと記憶あやふや)」なんてのが
あったのは覚えられてますか? これ、また見てみたいですねえ。

貴HP拝見しましたが、私の父も大工で職人でしたので、馴染み深い感じです。
昔のプロレスのページがあるのも嬉しいですね。(^-^)
ではこれからもヨロシクお願いします。友情マタンキ。


33年前へのタイムスリップ 投稿者:こさむ 投稿日:2003/02/25(Tue) 04:17 No.2127
futaro.gif本年度のG1レース第1弾もやっぱり1着3着だったわけですが、
それはさておき。

エキスポタワーの解体工事が進み、昭和の一大イベントの面影も
ますます色褪せてゆく昨今。あの光り輝く1970年のよすがを
求めてネットの中を徘徊するうち、まさに33年前への時間旅行に
誘ってくれる、感涙ものの頁に巡り会うことができました。

PHANTOM OF EXPO
http://www.konoike.org/3d/index.html

なんとパビリオンのひとつひとつを3D画像で再現しています。
もう見ているだけでは飽き足りず、思わず触れたくなる出来栄え。
とゆうか自分自身も電子の存在となり、この中に入って行きたい。
いや世の中にはすごい人がいるもんだ。


すごい人2 bonso - 2003/02/27(Thu) 22:59 No.2133

sunami.gifパソコンを買ったばかりの頃は、3D画像はやりたい憧れの世界でしたが、
本をパラパラと見てあっという間に挫折してしまいました・・(笑)。
どうしたらこんなに作れるのか、全く敬服します。

http://www.bh.wakwak.com/~gensougarou/

↑ ここは2Dなんですが、これを見て画像加工の特訓に目覚めましたよ。
豊富なイメージのコラージュ画像に、才気溢れる文章を添えて毎週発表(!)。
いや天才っているもんだなあと、メルマガにも即入会してしまいましたばい。


ただ今号泣中 投稿者:やまお 投稿日:2003/02/24(Mon) 01:44 No.2124
yamada.gif郷田マモラ作"人間やねん"なにわ下町小劇場と銘打っているだけあって、大阪・根古田駅周辺の下町を舞台に様々な人間模様・魂の叫びが描かれています。"きらきらひかる"の、ひかるちゃんがちょい役で、絶版になったであろう"虎の子が行く"の花園一家(職種が変わっちゃいました)短編集"幸福な人生"の続編他珠玉と呼ぶに相応しい作品に久し振りに出会った気がします(無駄な派手さは無いけど)濃い内容で一話一話泣けるので、感動の余韻に浸り過ぎ、次のお話に頭の切り替られなかったし。?マンサンコミックス全二巻。散々泣いたら明日は腫れた目のまま勤務が確定?是非一読を。


泣けるお話 bonso - 2003/02/24(Mon) 23:02 No.2125

sunami.gifマンサン、ということは漫画サンデーに連載だったんですね。
「静かなるドン」「湯けむりスナイパー」「生きなさいキキ」「銀座女帝伝説 順子」
等々が楽しみで割と読んでた筈なんですが、郷田マモラ漫画は知らなかったっす。

しみじみ泣かせる人情物語なんですか。次のマンガ喫茶候補にしておきましょう。

マンガで泣いたというと、私なら古くはジョージ秋山の「銭ゲバ」、
何年か前だと史村翔、池上僚一の「サンクチュアリ」といったところですね。
一生を賭けた男のドラマに極端に弱いのです。


ただ今も号泣中 やまお - 2003/02/25(Tue) 02:28 No.2126

yamada.gif徳光さん張り?に涙腺が弱く、人情話に弱い私は"となりのトトロ"ですら泣き、前回も書いた"花田少年史"では毎週泣かされっぱなし。"釣りキチ三平"の最終巻ではお母さんの骨と三平君の初対面シーンでぽろり。文庫版第12巻の表紙でホロリ。"からくりサーカス"16巻フランシーヌと白銀のお話に何度も号泣していました。最近25・26巻アンジェリーナと正二郎が加わりました。
器のでかい男に弱いです。少年漫画と青年漫画かよ!と突っ込み入れないでねん。
注:別に現実に辛い出来事が沢山あって逃げているわけじゃないですよ?


涙腺刺激漫画 こさむ - 2003/02/25(Tue) 06:17 No.2128

futaro.gif私が漫画で泣かされた作品はというと、
まず何はさておき星野之宣から「残像」「楕円軌道」「愛に時間
を」「セス・アイヴォリーの21日」。
SFとしての面白さだけでなく、人間の内面的なドラマもしっか
り描いてくれるところが、四半世紀来マイ・ベスト・ワン作家で
あり続ける由縁であります。

続いて岡崎二郎では、アフター0シリーズより「未来の想い出」
「マイ・フェア・アンドロイド」。特に前者は私の岡崎作品との
初めての出逢いとなったもので、星野・諸星両先生と並ぶ新刊即
買い作家の一人となるきっかけとなった一編であります。

あと定番ですが、弘兼憲史の『人間交差点(ヒューマン・スクラ
ンブル)』シリーズも泣かせてくれる作品が多いですね。
中でも「黒の牧歌」「花束」。

さらに涙腺刺激度の高い作家としては、山田貴敏。
短編シリーズ『過去への旅人』はいずれも名編揃いですが、中で
も「かくれんぼ」。仕事一筋に生きて家庭を顧みなかった男が、
亡き妻の遺した日記に自分のことが一言も書かれていないことに
納得できず、妻の中に自分がいたことの証を捜して欲しいと主人
公の私立探偵に依頼するのですが…その結末にはただもう涙々。
また、天才少年画家の苦難と成長を描いた長編『マッシュ』。
残念ながら単行本は入手していないのですが、その最終回は思い
出しただけで目頭が熱くなります。アニメ化されれば、『フラン
ダースの犬』と並ぶ感動の最終回として評判を得ることでしょう。

あと十数年前にビッグコミックスピリッツに掲載された読み切り
作品で、いたく感動したのですが、どうしても作家名を思い出せ
ないのがあります。せっかくの機会ですから後ほどお尋ねマンガ
コーナーに書かせていただきましょうかね。


ゆけゆけヒューマン bonso - 2003/02/26(Wed) 00:39 No.2130

sunami.gif泣かせるマンガといえば、そうそう最近では「ジョー&飛雄馬」ですねえ。
梶原一騎フリークの私なのに、この2大作品は単行本を持っていなかったので、
ちょうど良い案配で月に2回楽しみに読んでますよ。

飛雄馬が巨人の入団テストに合格し、背番号16のユニフォームを抱き締めて泣く
シーンでは、夢の入り口にやっと立ったのだなと、かなり貰い泣きしかけました。

後、子供時代に読んだ時は余り気にとめてなかった部分でぐっときてしまいます。
一徹父ちゃんが飛雄馬を高校にやるために寝ずに働いているところとか・・。
大分の実家にいる自分の両親の姿と重ね合わせてみたりして。

・・年齢をくうと涙腺が弱くなるというのを最近実感しております(笑)。


きらきらぴかる やまお - 2003/02/26(Wed) 02:51 No.2131

yamada.gifやはり、郷田マモラ氏の代表作?きらきらひかる? 。男手一つで育てた1人娘を暴行し自殺に追いやった男を殺害する、定年退職後只この日のためだけに職務を全うし、目的を果たした駅長さんの回は、もう泣く!連れ子が、留守番注一人枕許に、大好きな義父の羽毛枕を抱きながら[とうちゃんの匂いがする・・・](羽毛アレルギーで気管障害で死亡)号泣。ドラマでは[天野ひかる]を4人の女性に分けて演じるなど大幅に原作を変更し演出していました。原作を知らない人は内用を無理押し込めた繋がりや複雑に入り組んだ人間関係に難色を示さなかったのかしら?鈴木京香なら許すのか?


過去のログ 投稿者:bonso 投稿日:2003/02/23(Sun) 17:22 No.2122
sunami.gif 掲示板過去のログ2002年7、8、9月 をアップしましたよ。

実に長いこと、のびのび〜になっておりました(笑)。
それにしても殆どの話題が皆さまに頼りっぱなしで、教えてクン状態に
なっとりますな私。いえ、今に始まったことではございませんが。


特訓 bonso - 2003/02/23(Sun) 23:34 No.2123

sunami.gif 画像加工の特訓にハマッてみました。
いただき画像庫

携帯アクセスの方、また見られなくてごめんなさい〜。


プロジェクトG4 投稿者:bonso 投稿日:2003/02/05(Wed) 00:29 No.2099
sunami.gif (No.2075 〜 No.2095 の続きです)

『大魔神』
筒井康隆が脚本を手掛けた、まではこぎつけたことがあるそうですね。

問題は時代劇なので、背景をロケーションだけではまかないきれず、
それ用のセットが必要になり予算が持たないのも立消えの要因ではと。
この間読んだ角川の特撮ニュータイプに書かれてありました。

ハリウッドさん、懐の広いところを見せてください、ごっつぁんです! (笑)

『角川大映映画の野望「ゴジラ対ガメラ」ついに始動!?』
〜との記事も同雑誌にはありましたが、私は単純に観てみたいっすね。

21世紀ゴジラで " 過去の作品が無かったことにする " という力技が
発明(笑)されましたし、何でもやってみせてくれい! てな感じです。


仮想でも観たい やまお - 2003/02/06(Thu) 02:29 No.2101

yamada.gif 石ノ森ファンの私はハリウッド版"仮面ライダー"が観てみたい。でも、スプラッターシーンや、ぐろいのは嫌。我儘でしょうか。
確か"ロボコップ"は石森作品の"ロボット刑事"と特撮宇宙刑事シリーズ一作目"宇宙刑事ギャバン"の影響を強く受けたそうですが、真相はどうなんですか?
蛇足なんですが、120億ドル以上の製作費と豪華キャストで年末に話題を呼んだ?"ギャング・オブ・ニューヨーク"興業的には当たったんですか?こけたのでしょうか?いやー、公開前あれだけ騒がれていたのに、今何にも気配がないので、気になって。


私はかもめ おじさん - 2003/02/06(Thu) 19:19 No.2102

yamada.gif 京都市の市バスにはM1号というのがあります。
観光道路(金閣寺のあたり)を毎日走ってます。


まん○の映像化 bonso - 2003/02/18(Tue) 22:38 No.2117

sunami.gif (No.2110、No.2113 と)
(No.2107 〜 No.2109 の続きももこちらで返信させていただきます)

「風雲児たち」を人形劇で、というのはハマるかもですね。
というか、あの口あんぐりな絵なんてまさに人形作りやすそう(笑)。

>十字軍さん
ムサ氏掲示板で「コミック乱」を購読とありましたが、ここでも人気高いようですよ。
2、3ヶ月前にこの掲示板でも話題になり、私も初めて読んでみました。

「ロボコップ」
たしかモロ「ロボット刑事」の影響だと聞いた覚えはありますが。
まああそこまでオリジナルなアレンジがされていたら、堂々オーケーですよね。

>M1号バス
乗ってみたいですよねえ(笑)。それをバックに記念撮影した人のほとんどは、
アタマを抱えるポーズをとってたりするんでしょうか(なワケない)。


Re: コミック乱ですが 十字軍 - 2003/02/19(Wed) 23:00 No.2119

kantoku.gif 抑えの切り札「風雲児たち」がなにげに楽しめない状況に!
同じ作者の坂本竜馬ものと内容がかぶってしまって。
新情報などもりこみながらやってるんですが。

今のコミック乱の楽しみは「柳生連也武芸帖」です。
柳生ガクドウがさっさと死んでしまったりで最高です。
拝一刀と戦ってたのは2代目だったのか、と思うと
感慨深いです、はい。


時代劇繋がりで やまお - 2003/02/21(Fri) 02:14 No.2120

yamada.gif 人形劇はやっぱ国営放送で毎週土曜夕方6時・・・それは人形劇三国志!やりそうですねNHK。
アニメって言う手もありますし・・・そういえば"おーい龍馬"青年編になったうやむやに途端打ち切られたような気がするNHK。
じゃあドラマ化は・・・黒沢演出のぱくり疑惑も隠し子騒動で旨くかき消された、"武蔵"は内容は吉川(小説)版ですが、ありありと"バガボンド"人気に乗っかっての視聴率向上計画大河ドラマっすよね?注目を集める分、批判凄いっすねNHK。(私はHR出演中の中村獅子童の虜)
狙うは結構なんでもありの国営放送。


裏柳生、秘伝に曰く・・ bonso - 2003/02/22(Sat) 00:22 No.2121

sunami.gif 柳生列堂っててっきり小池一夫の創作かと思ってたら、実在の人なんでしょうか?
それにしても、見事に小物っぽい死に様でござった・・(笑)。

柳生十兵衛や宮本武蔵が複数いた説は色んな本等で読んだことがありますが、
これで列堂もお仲間入りですな。

「風雲児たち」はこれまで全く知らずまだ2、3回しか読んでいないもので、
大河ドラマに途中から入っていくのはなかなか難しい感じですねえ。
マンガ喫茶でも見かけませんが、まとめ読みしたいところです。

「バガボンド」は、はじめは吉川英治版をわりと忠実になぞってましたが、
佐々木小次郎が出てからまったくのオリジナルになってますね。
ちなみに私はつい最近小次郎に斬られた男です(笑)。

20年近く前に役所広司が武蔵をやったのは、あれはNHKでしたっけ?
その前に熊本の民放で市川海老蔵の武蔵をやってたのを観たんですが、
原作を適度に崩した感じで、こっちの方が私好みでした。