過去のログ 平成15年 9月

素敵よォーお客さん!! 投稿者:bonso 投稿日:2003/09/21(Sun) 00:23 No.2518  
sunami.gif (No.2500 〜 No.2512 の続きです)

久々のチャンピオン話でノッてしまって、少年マンガのコーナーに
ジョージ秋山「ゴミムシくん」をアップしました。

>いい体してるぜ
次から投稿しようとする度に " 素敵よォーお客さん!! " が出ます(笑)。
一筋縄でいかない男キャラよりも、私ならすぐに一筋縄でイッてしまい
ノッてしまう後藤熊男センセイを推しますな。ノォーッ! ノォーッ!
( ̄ー+ ̄)

「ゴッドマーズ」って元はあの「マーズ」なんですか。
余りに作品が違いすぎて・・(原作は横山光輝になってるんでしょうか?)。


がいあー やまお - 2003/09/21(Sun) 01:37 No.2519  

yamada.gif 「マーズ」があんなに変わっちまったのは脚本家のせいだとばかり、思っていましたが、企画製作自体が悪乗りしていたのかしら?
唯一の原作の匂いが残っていたのは、ガイアー、ウラヌスなどのしもべが薄ーく面影を残していました。
藤川圭介氏の脚本でこれまた話があらぬ方向にいっちまったTVばん「エースをねらえ2」がありましたな。
のちに角川から小説を出していまして、栗本薫先生の「魔界水●伝」が60巻発行されるのに対抗して80巻「宇宙皇子」出すと言ってはや20年。あんなに盛り上がっていたのにね。
やっぱり横山氏の原作に配慮に欠けた行為を行なった祟りじゃ。
チャンピオン作品で忘れちゃならぬ手塚治虫の「どんドラキュラ」も3話てアニメが打ち切りになったある意味伝説の作品。
何が原因だったのですか?
やっぱ、チャンピオン発作品は一味チガーウ。


愛すべき人 やまお - 2003/09/26(Fri) 02:21 No.2520  

yamada.gif は、やはり「カロニほうれん荘」のきんどーちゃん。
思春期に読みなおし、人生観まで変わっしまった。きっかけの一冊。
だって(当時は)顔がそっくりな、きんどーさんが、破壊した押し、右往左往縦横無尽に暴れさ回るのは楽したったのよ。
でも、同じ小柄なのに「ガキデカ」のギャグに笑いはすれども、親近感が湧かなかったのは、あの不細工さがどうしても本能で許せなかったのでしょう。
皆様はどちら派ですか?


チャンピヨンのギャグ漫画 こさむ - 2003/09/26(Fri) 03:31 No.2521  

futaro.gif といえば、私は『ふたりと5人』派でしたが?


キャーッ! bonso - 2003/09/27(Sat) 20:48 No.2522  

sunami.gif すんません、しばらく留守にしてました・・。(^^;

「ゴッドマーズ」
テレビの方にもガイアーやウラヌスが出てたんですか。
80年代はアニメを全く観てなかったので、まるで知りませんでした。
「ザ・ウルトラマン」も観てないし(笑)。

「ドン・ドラキュラ」
これもアニメがあったんですか? しかも3話で打切り!?
どんな事情でそんなことがあったんでしょうね・・?

「がきデカ」
下品でどぎついギャグが好きな私なのに(笑)、
そういえば「がきデカ」はそれ程熱心に読んではいませんでしたね・・。
ギャグをやる前の「光る風」「旅立て!ひらりん」などは持ってますが。
(「鬼面帝国」もあったっけ。実家に戻らないと思い出せない〜)

「ふたりと5人」
他にいないタッチの、可愛らしい女の子の出てくる絵でしたよね。
ふたり、の方は男2人いたのを覚えてますが、そういえば5人・・?
って、女の子キャラクター5人も出ていましたっけ?
なんか1人しか思い出せないっす・・(汗)。

いただき画像庫

とん楽さんより、またまた正倉院からの(笑)お宝画像〜
「ゴミムシくん」連載1回目の表紙画像を頂戴しました!
ありがとございま〜す。見た瞬間、嬉しくて笑い声が出てしまいましたよー。


山上たつひこ氏 とん楽 - 2003/09/28(Sun) 00:38 No.2523  

futaro.gif 当初少年マガジンが中心でしたね。
表紙の切り抜きとしては、「やってきた悪夢たち」「鬼面帝国」「2人の救世主」「光る風」「旅立て!ひらりん」「心」「2丁目1番地恐怖団」とあります。単行本はめずらしいところで「そこに奴が」(東考社)を持っています。画像もちびちびアップしましょう。


そこに奴が bonso - 2003/09/28(Sun) 21:52 No.2524  

sunami.gif むぉーっ、「鬼面〜」「光る〜」「旅立て〜」の
メジャーどころ(?)以外、お初に耳にした作品ばかりです。
短編だったんでしょうか。

また新画像、どうもありがとうございます。

表紙の切り抜きというのは、
昔の雑誌の処分時に好きな作品を切り取っておいたのですか?
私のは小4の時に初めて買った「デビルマン」の単行本から、
全部捨てずにとっていて(雑誌以外)今に至った訳ですが。


そうなんです とん楽 - 2003/09/28(Sun) 23:52 No.2525  

futaro.gif 雑誌処分時にばらして、カラーの扉絵はすべて保存。また、単行本になりそうもない作品も(菅原かずまさ「運命論」など)気の向くままに保存しました。
これの自慢は石川球太氏の「人喰鉄道」とジョージ秋山氏の「告白」ですかね。
山上氏の作品はすべて短編で、1992年頃に単行本化されてるようですね。


話を戻してすいません おぜ - 2003/10/01(Wed) 15:03 No.2527  

baragon.gif 自宅にパソ環境がないもので連休以後ダルマ状態でした。さらに
公私共にえらいこっちゃになっていて長いこと失礼いたしました。
今日も仕事先からコソコソ失礼しています。

「ゴッドマーズ」
私もしばらく原作とあのアニメが一致しませんでした(当然という
気が…)。横山先生は…まあ三国志がブイブイ言っていた頃ゆえ
あまり気にされていなかった…と信じたい(笑)。
 監督が横山信者だったため横山キャラが新旧取り混ぜてゴッソリ
出演することになったOVA「ジャイアントロボ」のおかげで一気に
横山オリジナルに光が当たり、あれほど入手困難だった「マーズ」にも
再版がかかろうかという頃にハッと気づいたのですが、あのアニメ、
主題歌だけはまだアニメ独自のキャラ配置が進行していなかったらしく、
「ゴーゴゴー氷の壁を♪打ち破るときが来た」などと原作に割りと忠実
なのですね。
 しかしガイアーやウラヌスなんかはOVAロボを見るまですっかり
忘れてました。あさりよしとお氏がOVAのアバンタイトルを見て狂喜した
と言っていたものですが、やっぱり長年頑張ってきた人には
信者が後押しするものなのですね。


素敵よォロデム(−_−メ) やまお - 2003/10/01(Wed) 18:06 No.2528  

yamada.gif 今日マンガ夜話特選のお題が横山氏の「バビル二世」なのです。観なくては。リメイク版は観ましたが、旧作のほうが色気があると。
ヨミ様もフィルターで濾過したように男前になってましたが、(みーはなおいらでも)いくら絵が良くても話に華がなくてはひかれましぇん。
つっうか「横山氏を馬鹿にしているのか?」位舐めたアニメが多い。くすん。 「鉄人28号」位はあの時代背景を忠実に再現してほしいですね。贅沢は言いません。実写でテレビ二時間特番でTBS系列なら少し妥協します。
(理由は怪人二十面相がおもしろかったから )


素敵よォとん楽様! おぜ - 2003/10/02(Thu) 11:50 No.2531  

baragon.gif  横山先生は今や吉川英治並みの「文化人」でありますが、内田吐夢版
「武蔵」みたいな映像の決定版!というのは言われてみると少ないですね。
わたしはアトムではなくアニメ版「鉄人」や「サリー」で育った口なので
畏敬の対象としてしか見ていなかったので今更クソみたいな新作アニメが
二・三本出てもセンセの威光にゃビクともしない、みたいな感じで見て
いましたが、リアルタイムのファンからすれば忸怩たる思いが長く続いて
いたのでしょうね。直接横山版ではないですが、塩沢兼人が孔明の声を
やった日テレ版は曹操は金髪碧眼だわハングライダーは飛ぶわで、他人事
として見れば笑える代物ではありましたが(笑)。

同じく多少のことは名前に響かない手塚御大の「フゥムーン」に並ぶ
タブー、「ドン・ドラキュラ」3話打ち切り事件は当時から「事件」
でしたが、原因は視聴率不振や作品内容に関するスキャンダルというより、
(関西の「必殺」がTBSとフジの間で移籍したときのような)放映
テレビ局と提携会社の編成上の問題だったようです。

「ふたりと5人」は後に星雲賞を受賞する吾妻ひでおのシュールかつ
ハードなSF世界(「やけくそ天使」を含む)を好んでいた人たちには
「ぬるい」と不評だったようですが、ガキだった私には十分すぎるほど
シュールでした。哲学的先輩の異常さ、ほとんど幼児向けマンガレベルの
主人公おさむの行動原理、時には編集長がマンガに出演するでたらめさ
(すすめ!パイレーツよりは確実に早い(笑))等等。吾妻ギャグ入門書
としては最適だったと思うのですが。

「がきデカ」は練馬変態クラブあたりが楽しく、「八丈島のキョン」辺りの
キャラクター総こまわり化時代はややつらかった…。むしろ一時期の
「快僧のざらし」に良く練られた面白い回が多かった気がしています。


特撮でない映画の話題 投稿者:こさむ 投稿日:2003/09/29(Mon) 00:17 No.2526  
futaro.gif 『ローマの休日 デジタルニューマスター版』観て来ましたよ。
今年は『ローマの休日』初公開からちょうど50周年、
オードリー・ヘプバーン没後10年にあたるのですね。
オードリーは好きとか嫌いとかのレベルを超えて、なんとゆうか
「映画の象徴」、もはや映画そのものと言えると思います。
(最近ようやく買い換えた私の携帯の着メロは『マイ・フェア・
レディ』より「踊り明かそう」。チャララ〜ンチャンチャ〜ン♪)

『ローマの休日』はTVやビデオで何度となく観てる作品ですが、
スクリーンで観るのは今回が初めて。
やっぱ映画は映画館で観るもんですね〜。
ただ画面がでかいってだけでなく、開幕ベル(チャイムでしたが)
が鳴って、CMから本編に入る時に幕が左右にくくーって拡がっ
て(サイズの関係でそのままでしたが)…。あの高揚感というか、
独特の雰囲気がもーたまりません。
ビデオで観る時も部屋の電気消してなるたけ雰囲気出るようにし
てますが、それでもふだんの生活空間の中で観るのと劇場で観る
のとでは大違いですね。

『ベン・ハー』とかも一度はスクリーンで観てみたい作品です。
年明けには『サウンド・オブ・ミュージック』のデジタルリマス
ター版も公開されるようで、楽しみ〜♪


普通に映画館のお話 bonso - 2003/10/01(Wed) 22:35 No.2529  

sunami.gif こさむさんの映画話をここで拝読してるお陰で、上京してこの1年で
これまでの十数年分は映画館に足を運んだ気がします・・(笑)。
といっても特撮モノばかりに偏ってますが。(`∀´)

映画は映画館でってのは、私もそう思うようになりましたよ。
ビデオだと途中でポーズかけたり、観る! という気迫に欠けがちで。
何より映画館だと思いっきりデカい音響まで楽しめるのが気に入ってます。

売店でコーヒーとスナック菓子買って、音を立てないように
もぐもぐちびちび食べるのも映画館での楽しみのひとつですか。

やっぱ自分も映像を扱ってる仕事なだけに、
余裕があればなるべく様々な作品をたくさん観ておきたいものです。


幽霊出たー! 投稿者:bonso 投稿日:2003/09/14(Sun) 22:35 No.2491  
sunami.gif とん楽さんより、お尋ねマンガのコーナーの
『兵隊姿の首絞め幽霊』の情報と、さらに画像を頂きました。

とん楽さん、いつもどうもありがとうございます。
こさむさん、さあ果たして解決でしょうか・・!?


Re: 幽霊出たー! ちゅるふ - 2003/09/16(Tue) 21:57 No.2496  

yamada.gif  うぅぬ、すごいわ…とん楽さん家は宝の山か!

 「とん楽さん家にスキャナーを送ろう運動」が澎湃として
湧き上がるんではないかと心配してしまいます。

 ふはっ!


Re: 幽霊出たー! とん楽 - 2003/09/17(Wed) 11:09 No.2497  

futaro.gif 宝の山?いえいえ正倉院とお呼び下さい。


ネズミも出た−! bonso - 2003/09/17(Wed) 23:23 No.2499  

sunami.gif マイ倉庫、魔窟ときて、正倉院。
・・お宝度が高くなるにつれグレードが上がって? いってますな(笑)。

久々帰郷したら、マイ倉庫はネズミのらしき糞だらけになってました・・。
大事なものは部屋に置いてあるので助かりましたが、
金物製の倉庫なのに、どっから入り込むのか。

スキャナーは、私も実家にある使われてない古いのを見て、
一瞬「〜送ろう運動」がアタマをよぎりました(笑)。

ところでとん楽さんのページをリンクさせて頂きました。
またどうぞ宜しくお願いしま〜す。


リンク感謝 とん楽 - 2003/09/18(Thu) 11:00 No.2504  

futaro.gif リンクありがとうございます。私も今、このページのリンク工事を完成させました。
ところで、少チャンスレができたのですね、記念になにか画像をアップしましょう。


♪ガンダ〜ラガンダ〜ラ こさむ - 2003/09/19(Fri) 02:24 No.2509  

futaro.gif とん楽さん改めましてありがとうございました。
それにしてもすごいお尋ねバスターっぷりですね〜。
ひょっとして正体はタケカワユキヒデ?(笑)
…あの方も数十年前から買い続けている少年誌を、倉庫に大量に
保管しているとか。

で、またディープな作品をひとつ思い出しましたので、もう少し
ネタを煮詰めてから再チャレンジさせていただきます。
(↑だから主旨が変ってるって)


そこにゆけば〜 bonso - 2003/09/20(Sat) 21:23 No.2516  

sunami.gif どんな謎も〜 解けるというよ〜♪
検索猿人についで、今度はお尋ねコーナーまで遊び道具の標的に・・(笑)。


555だ555だ 投稿者:やまお 投稿日:2003/09/16(Tue) 02:06 No.2492  
yamada.gif 9/23日に富士急ハイランドで555ショーとロケがあります。
ロケっちうこんは(って言う事は)半田建人君もくるし他出演者も登場するちゅうこんね。
あぁ、あたい、あの親子連れの中に紛れ込めません。ある意味選ばれた物だけが観ることの出来る至上の娯楽だわ。
羨望の眼差し。
皆様はどのような手段にて参加されるのですか?


Complete! bonso - 2003/09/17(Wed) 23:22 No.2498  

sunami.gif ショー会場の入口に、腕組みでぬお〜っ(←ギ音)と仁王立ち。
「どぉーれ・・」と不適な余裕の笑みで呟き、ずんずんと普通に乗り込みます。
・・って、全然普通にしようとしてないか(笑)。


選ばれし者の恍惚とフアン おぜ - 2003/09/18(Thu) 09:39 No.2503  

baragon.gif 私の場合知り合いの特撮ファンの女性がストーカーまがいのいやがらせにあっていて、それでもショーを見に行くので休日に知り合いの特撮軍団が護衛として付いていった、という経緯があったのであんまり気にしていませんでしたね。日が良かったのか大人の多い日でしたし。「山本弘のハマりもの」にもファミリー席を「大きなお友達」が占拠する加熱ぶりが語られていましたが、もう映画のクレヨンしんちゃんも一人で入れる人間に羞恥心はなくなっているのかとこのスレを見てかえって我が身をカエリミテおります。


Time Out! bonso - 2003/09/18(Thu) 23:12 No.2506  

woider.gif 今年最大の痛恨は、「仮面ライダー555」映画のエキストラに落選し、
敗け組になってスーパーアリーナで変身できなかったことであります!(笑)

去年、マグ公ちゃんらとライダーショーにいった時は、子供ちゃんらの
若いお母さんを眺めては皆でえへらえへらしてました。最低ぇー。(≧∇≦)


さあさあ やまお - 2003/09/19(Fri) 11:09 No.2510  

yamada.gif 9/23二富士急行線ハイランド駅〜徒歩3分の富士急ハイランドにいらっしやって。
リベンジを果たすのです。


Re-Formation bonso - 2003/09/20(Sat) 21:22 No.2515  

woider.gif 今月は里帰りなどしたんで、節約せねばならんのです・・。

っていうかトークショーの海老姐さんと鶴娘は観たいですが、
朝から先着何名に整理券配付とかだそうでちょと面倒ですな(笑)。


いい体してるぜ 投稿者:bonso 投稿日:2003/09/17(Wed) 23:59 No.2500  
sunami.gif 新しくここに全盛時の少年チャンピオンスレッドを作って、
(No.2479 〜 No.2495 の続きです)としちゃいましょう。
↑・・で、それで何でこのタイトルに(笑)。

「ローティーンブルース」
作中のセリフの、おぜさんの克明なご記憶に驚きました。
おぜさんはその頃小中学生だったのでしょうか? ローティーンの時期に
インパクトを受けたものって記憶に残りやすい、ってのはありますよね。

たしかに、ぼかされた雑誌掲載時のものの方が味があるというか、
そこはかとない風情(笑)を感じさせてくれますね。

今みたいな単なるブツ切りの考えなしな言葉狩りとも違って・・。
(そのくせ今のテレビでは中学生が平気で「セックス」とか、
 直接的な単語の台詞ばかり喋らされてて、味もそっけもないっす)。

>シリアスな葛藤を含む前のジョージ秋山の新作
これは「よたろう」〜「花のよたろう」でしょうか。
「銭ゲバ」「アシュラ」「デロリンマン」等の鬼気迫る作品群の時期を経て、
過渡期だったような印象を持ってます。

チャンピオンだとギャグの「ゴミムシくん」までは好きだったんですが、
「よたろう」に「花の〜」がついた辺りからやたら説教臭くなってきて、
一時ジョージ秋山離れしてしまいました・・。

「はぐれ雲」から作風が次の段階に進んだ感じで、また好きになりました。


まい・ふぇーばりっと やまお - 2003/09/18(Thu) 01:31 No.2501  

yamada.gif 私のなかでインパクトNO1は水島新司の「銭っ子」野球漫画の大御所は自分にとって結構神聖だったのですが、何で水島作品にひかれたのか解りました。
どの作品にしても貧乏人や、貧乏からの這い上がる話は天下一品だと私は信じています。この作品は常に野球漫画という枠で多少ソフトに被い隠してるハングリーパワーが全面に押し出されています。文庫は出る可能性なさそう。
あと、別以前も書き込みをした、誰の記憶にも残らず、はしにも棒にも引っ掛からない駄作扱いの「5ヤーダー」かしら。
部員集めも大変なアメフト部と当時の不良構想が相まって、対抗試合でぽこぽこ人が死ぬんですよ。予選でも全国大会ではなく高校の部活動ごときでですよ。
アストロ球団より凄い。しかも全5巻。
よく続いたなと。笑。
よく私も買ったなと。
商業誌の部数をエロと暴力のシーンで伸ばしはじめた時代だったのでしょうか?
「750ライダー」(タイトル合ってますか?)も初期は荒々しく暴力程ではないですが、エッチなシーン喪多く含まれていましたよね。
人気がでたら一切その手のシーンは出無くなり、画風も作風もかわり、主人公めちゃ人間丸くなってましたね。必要なくなったんですね。
腹巻の替わりに新聞紙を巻く生活の知恵、当時役に立ちました。


この世は銭ずら おぜ - 2003/09/18(Thu) 09:29 No.2502  

baragon.gif おはようございます。うははは。何か楽しい事態になっていてわくわくしています。と申しても私の場合浅くて狭い記憶以外の知識がないので皆様の域に付いていくのにはすぐ息切れモードに突入すると思いますが。

ローティーン山荘のセリフを覚えていたのは、実は最近その号を古本屋で購入できたせいです。パックされた現物を選べたのは、表紙がただのグラビアでなしに「ファウル!」「当たったのはハッパやなんでファウルやねん」というサチ子と岩城の会話のシーンだったため印象が強かったのが幸いしました。「記憶だけ」と書いたのは、あれを打ちこんでいたのが出先で、手元にそれらの資料がなかったという意味です…といっても、たぶんそれなしにあのシーンは記憶できていたと思いますが(笑)。

そうです。あれは「よたろう」です。「ゆかい指数100パーセント」というコピーで連載開始しながら、庶民の暴力的な日常を救いなしに描くのが基本という話で(笑)ガキだった私は結構めげていたものでした。その後適度にペーソスとナンセンスが入り混じっていい味になってきたと思っていたものでしたが、子供同士の陰湿な関係や女の子のローアングルが表面に出てきたりして、あげくはただのギャグメーカーだった助平先生が原爆二世で白血病だったとかどんどんヤケクソのようなドロドロになって行くのはもうほとんど笑って見ていました。われわれの世代は「シャカの息子」のインパクトが大きかったものです。Zガンダムの頃に「シャアの息子」などと言って分かる奴だけ笑っていたものでした。


少チャン とん楽 - 2003/09/18(Thu) 11:22 No.2505  

futaro.gif 「銭っ子」「ローティーンブルース」がすぐにみつかりました、画像庫をご覧下さい。水島氏は「いただきヤスベエ」というのもありました。
「よたろう」以前に「ざんこくベビー」というこわいのもありましたっけ。


いつかころしてやる bonso - 2003/09/18(Thu) 23:30 No.2508  

sunami.gif ↑よく友達同士でいってました(笑)。

「5ヤーダー」
こりゃまた殆ど記憶に薄いものが出てきましたな(笑)。
なんか、つのだじろうのアシスタントっぽい絵柄の人が描いてたような・・。
(↑ よく分からない例え??)

>ローティーン山荘のセリフ
あっ、出先での書き込みだったというわけで。 (°□°;
金田一さんの「季ちがいじゃー」みたいな高度な言葉のトリックに、
すっかり私は翻弄されてしまってたわけですね。・・ふはっ(笑)。

「よたろう」
ゆかい指数100パーセント < って、なごめるコピーです(笑)。
おぜさんの作品解説も、マンガのイメージを適格に思い出させてくれますね。
そうそう、ヘの字口でローアングルの顔が特徴的でしたよね。空バックとか。
あれで「ドテ焼きやってやるよ」とかいってた頃からヒイてしまいましたが。

いただき画像庫

とん楽さん、いつも貴重な画像ありがとうございます。
「ざんこくベビー」は「ゴミムシくん」の前に結構長く連載されてましたね。
黄金期前夜のチャンピオンだと、これとまず「あばしり一家」「バビル2世」
「泣くな! 十円」等がメイン漫画だったでしょうか。


ずらずら やまお - 2003/09/20(Sat) 02:20 No.2511  

yamada.gif チャンピオンは一筋縄では行かない男キャラがすきでした。そのかわり美形はいない。
横山作品では、地味なんですが、(これもチャンピオンよ)「マーズ」が好きでした。がアニメ化(六神合体ゴッドマーズ・・・派手なタイトルね)あまりの原作との違いに私は泣き、周りは耽美な設定に萌萌。署名で映画にまでなってどんどん原作とかけ離れて行かれる様を横山先生はどんな気持ちで観ていたのか今となっては知る由もなし。もうチャンピオンに描く事ないし。
何でアニメの方が良いんだょーと訴えてもー、多勢に無勢でした。
学生時代、少女漫画萌萌を夢見る彼女達には、岩木のよさを認めてもらえず、馬鹿にされていたのに、最近は滅多に本を読まない女豹まで「プロ野球編ドカベン」を買っている人が多い。
訳を聞いたら「昔は里中くんが好きだったけど(これもアニメになってましたね)、今は岩木と不知火と犬飼兄の体糟牛・するならこの3人早vってやっぱりそんな見方しかできねえのかよ!と突っ込んでやました。
私も結婚するなら岩木君の理由は・・・同じレベルですね。昔からなんだから彼女等よりたちが悪いね。


いい体してるぜ←だから やまお - 2003/09/20(Sat) 02:29 No.2512  

yamada.gif 書き込みをしようとするたびに題名に〃いい体してるぜ〃がでるもんだがら(笑)チャンピオンネタより体ネタ寄りになっちまいました。女子でてないけど。ぷっぷっぷ。


夏休み〜(遅い・・) 投稿者:bonso 投稿日:2003/09/10(Wed) 13:29 No.2479  
sunami.gif 書店の旅行雑誌コーナーを見ると、日帰りでいける
温泉特集なんか目立ってますね。いいなあ、そそられるなあ。

でも考えてみると、
実家の大分に帰ったら帰ったで、別府温泉にわざわざいきたいとは思わないし
(大分市内のウチから歩いていける場所にも温泉3つも湧いてるし)、
・・温泉の魅力って、旅情とセットなんですねえ、きっと。

というわけで、明日から18日火曜日まで、遅いお盆休みで帰省してきます。
向こうでネットの設定終わったら掲示板の返事書きま〜す。


あっ、お初の方! bonso - 2003/09/10(Wed) 13:43 No.2482  

sunami.gif おぜさん、初めまして。HP管理人をやっております、bonso です。

ようこそいらっしゃいました。ただ今、里帰り支度の真っ最中でありまして、
帰りついたらまたあらためまして、どうぞ宜しくお願いしまーす。(^-^)


はじめまして おぜ - 2003/09/10(Wed) 15:38 No.2483  

baragon.gif えっと、このスレに書き込んでしまってよいものか初心者の不案内で
気になるのを覚悟で。
 初めまして。皆様の見識に圧倒されております。ご迷惑でなければ
今後もお話を伺いたく思いますので、宜しくお引き回しください。


携帯から書き込みです。 bonso - 2003/09/12(Fri) 15:37 No.2485  

yamada.gif 実家近所の行きつけの古本屋に寄ったら、いきなり
「ローティーンブルース」全8巻2千円で発見。即買いです(笑)。

3冊くらいは以前から持ってたんですが、
いやーやっぱ古本探しは地方が一番ですね〜。


望月あきらネタ やまお - 2003/09/13(Sat) 01:35 No.2486  

yamada.gif で、もりあがって、チャンピオン派の私はとてもうれすぃ。 望月あきらといえば、[ゆうひが丘の総理大臣] [ サインはV] なぜか手元にありまして。(カリウド恐くて読めなかった) 思えば[ゆうひ〜]初期の頃にはかなり総理のが鋭かった気が。 [ローティーン]の作風が抜け切らなかったのね。八巻辺りだとシリアスの原型全くないです。 もう一度読み治します。


し……真吾くん bonso - 2003/09/13(Sat) 15:07 No.2489  

sunami.gif ……いいの? こんなんでいいの?
こんな時わたしはどうしたらいいの?(その子)

おれだってよくわかんないよ(真吾)

大分の実家でのネット設定がようやく出来ました。
やっぱ何日か繋げないと不便なものですな、仕事連絡の面でも・・。

では、おぜさん、あらためまして宜しくおつき合いくださいませ。
スレッドは、長くなってくると適当なところで続きを新しく作って
上げたりしてますので、気に入られたトコにご自由にお書き込みくださいね。

もうなし崩しにここが新たな望月あきらスレッドということで(笑)。

「ローティーンブルース」
昨日、全8巻一気読みしましたよ。雪山の山荘でのシーンは、
当時の遊び友達と高校の帰りにゲームセンターに立ち寄って、
インベーダーゲームをしながら友達が毎週買っていたチャンピオンで読んだ、
あの時の周りの状況まで思い出してしまいます。

記憶していた絵コマとはほんの少し違っていたものの、扇情的で、
自分まで悪いコトしているみたいなドキドキ感がありましたねえ。
というか学校で禁止されていたゲーセンで遊んでいた状況と相まって・・。
(その数日後に先生に見つかり、父兄召還喰らっちゃいましたが(笑))。


ほんとはすごくこわい… おぜ - 2003/09/16(Tue) 18:12 No.2493  

baragon.gif ありがたいお言葉、感涙ものです。で、典型的日本人のわちしはすぐ調子に乗ってポロを出すのでよろしくお引き回しください。今後ともよろしくお願いいたします。

「ローティーンブルース」、当時は望月あきらの地位みたいなものもろくに知らず、「またそこそこ巨匠が手遊びになんか書きに来たな」という印象を持ってしまった覚えが。巨匠「サインはV」の後の新機軸という時期とは思ってもおらず、個人的にはあれよあれよと知らない所へ手を引っ張っていかれるような連載でした。今思えば読んだ頃は学園ものというのにロマンを感じない年頃だったのですね。一条先生って当時は好みじゃなかったし(笑)。しかし「隣の部屋に枕が二つ」というのにもピンと来なかったガキんちょも、さすがに「優しいおじさん」と思っていた人が刃物を振るって「気のいい悪役」程度に思っていた人の手首を斬り飛ばすというシーンには目を覚まさせられたものでした。まさかラストがジジイの絵で終わるとは思いませんでしたが(笑)。

当時は学校にマンガを持ち込んじゃいけないということを結構マジメに守っていたようで、発売日に校舎のベランダで呼んでいる奴らをうらやましく思っていたものです。そういや真吾と先生が一夜を過ごした次の号の発売日、友人が喜んで「いい体してるぜ」というセリフを口走っていて、まだ読んでいない私は「真吾もそんなことを言うくらいスレてしまったのか」と不思議に感じたものでした(笑)。

例の吹雪の山荘の回は、前の週まであんまりそれっぽい展開になるように思えなかったので、実際見たときは慌てたものでした。今見ると、今のマンガのように「子供がスレていて当然」という風潮がなかった時代だけあり、二人の初々しい描き方がかえって新鮮。ほんとうに「扇情的」で「ドキドキ感」のある展開でした。普段しっかり者の委員長のその子が「こわいのか」と言われて「へ…平気よわたし」としがみつき、「真吾くんだって…平気なんでしょ」と真剣にトンチンカンな事を言うのがイヒイヒ言いたくなるくらい嬉しいものです。


いいのよね、これでいいの... おぜ - 2003/09/16(Tue) 18:13 No.2494  

baragon.gif ちなみに例のセリフですが、こんな改変があります。単行本収録の際に改変したのではなく、雑誌掲載時に「まずい」というので編集部がぼかしたのだろうと思いますが。記憶だけですのでいい加減かもしれませんがご容赦を。

単行本 その子「ただきみにはじめての私をあげたいのよ。それだけよ」「それだけで私はしあわせなのよ」
    真吾 「おれは…はじめてじゃないぜ」
    その子「知ってるわ」
 ↓
掲載時 その子「ただきみにはじめての私を…」「それだけで私はしあわせなのよ」
    真吾 「おれは…一条先生と…」
    その子「知ってるわ」

単行本 その子「し……真悟くん」「いいの? こんなんでいいの?」
       「こんな時わたしはどうしたらいいの?」
    真吾 「おれだってよくわかんないよ」
    その子「一条先生はこんなときどうしたの?」
    真吾 「今は一条先生のことは言うな!」
       「おれたちはおれたちだ。それでいいんだ」    
 ↓
掲載時 その子「…真悟くん…」「わたしはどうしたらいいの?」 
    真吾 「おれだってよくわかんないや」
    その子「一条先生は…」
    真吾 「今は一条先生のことは言うな!(以下同じ)」
    
わけわからなめの掲載時のセリフのほうがなんか奥深そうに見えてそそるものがありげです(笑)。


しまっていこうぜ! おぜ - 2003/09/16(Tue) 18:14 No.2495  

baragon.gif 私は「チャンピオン」は年上の従兄からバックナンバーをがっちょり貰ったのがきっかけでした。当時はドカベンは中学生(岩城や殿間は口汚く罵り合いすぐ殴り合う健全な子供・笑)、売り物はキューテーハニーと恐怖新聞。古谷光敏も貝塚ひろしもいたという今思えば混沌とした雑誌でした。やがて窓際に追いやられていた「かつての巨匠」手塚治虫起死回生の一作が世に出、まだシリアスな葛藤を含む前のジョージ秋山の新作が始まり(「ありがたくもねえ〜」と感じたのを覚えています)とどめは山上たつひこという聞いたような聞かないような漫画家のよく分からない作品の連載開始。それでも魔太郎は作者お得意のトレンド紹介を繰り返し、横山光輝の現代学園版三国志も続き、「薄味だ」とSFファンにくさされても一般の子供にはシュール極まりない我妻ひでおも居て、果ては石川球太の連載まで始まる始末。(三億円事件篇、好きだったんですけどねぇ…)
過去と未来の混沌をひっくるめて、思えばジャンプの発行部数まであと数歩、という黄金時代の幕開けをしっかり見られる幸運に浸っていたのですね。あの後マガジンやジャンプに移ろうと思っても結局果たせず、中途半端に今に至るわけですが。

長々大変失礼しました。


ぜんぜん関係ありませんが 投稿者:おぜ 投稿日:2003/09/10(Wed) 16:37 No.2484  
baragon.gif  新橋演舞場で先月までやっていた劇団新感線&松竹の「阿修羅城の瞳」を
何の予備知識もなしに見て驚いたものです。大昔から名作の誉れ高いものとも
知らずに何か堅苦しい古典調の物かなどと思っていたのですがいやー凄かった!
 ガメラ伊原が戦隊物の悪役そのままの姿で高麗屋の御曹司と剣を振るい、
夏木マリが曽我町子そのままの高笑いで悪の女幹部を演じ、主人公側には
ジェットストリームアタックを仕掛ける剣士三人。この三人の名前が、前の再演の
時はゲッターロボ、今回がゴッドシグマの名になっていたというのにはさすがに
参りました。アニメ的な日本風ファンタジーを戦隊的なカッコよさで彩った
作風には、日本のオタク文化はここまで成熟されていたのかの感ひとしおでした。
(劇中、鶴屋南北は見事なフライングボディアタックで
登場しますし)
 いまさらながらワード検索に出なかったのを幸い、余分なことを書いてしまいました。失礼します。


いえいえ bonso - 2003/09/13(Sat) 23:51 No.2490  

sunami.gif 劇団新感線って、中央の劇団関係のお友達の会話ではたまに耳にします。
私はまだ未見ですが、機会があれば観たくもありますね。

1年ちょっと前に九州から上京して、観劇はまだ7〜8回くらいなんですが、
4月の「銀の箱」から初めて、心から面白いと思えるようになりましたよ。
それまでは、実はよく分からないといった印象もあったんです・・。

8/23の show one's feelings も、
8/29 のお友達の「幕魔」もとても楽しめました。

また面白そうなイベント等あったら色々教えてください。( ̄ー+ ̄)


プチ報告 投稿者:こさむ 投稿日:2003/09/08(Mon) 23:34 No.2472  
futaro.gif 阪急電車では最近、車体にアトム・レオ・サファイア・ブラック
ジャック等の描かれた手塚治虫仕様車が走ってますよ。


いいなぁ やまお - 2003/09/09(Tue) 00:18 No.2474  

yamada.gif 地域唯一の交通会社富士急行は"機関車トーマス""げげげの鬼太郎"電車が日々運行しています。高速バスも派手です。
二両編成だけど。
一時間に二本だけど。バスは7時が最終だけど。
登山料金価格で、バスは大月〜河口湖36キロ1750円電車900円以上するけど・・・


追加報告 こさむ - 2003/09/09(Tue) 22:23 No.2475  

futaro.gif でもって今日はライオンキングやターザンの描かれたディズニー
仕様車が走ってました。手塚号と2台並んでるとこを見てみたい。

それにしても、手塚号は沿線の記念館の宣伝ということで判るの
ですが、なんで阪急でディズニーなんだろ?
以前にも、桜花賞(阪神競馬場)仕様のテイエムオーシャン号や
神戸祭り号など、沿線の施設やイベントの宣伝のための特別仕様
車はよく見かけましたが。ひょっとして手塚号をライバル視?

そーいや東宝も阪急の系列会社だし、そのうちゴジラ号が走る姿
も見れるかも。
年末の映画公開時期に期待。(ハム太郎号だったりして…)


キャラクター電車 bonso - 2003/09/13(Sat) 15:06 No.2488  

sunami.gif まだ見たことがないですね。鬼太郎やゴジラは見てみたいかも。

里帰りして、大分駅に入ると、ふむ、次の電車は25分後・・。
まあのんびり待つか、とホームに入ると、何故かその5分後に電車が着。
2両編成のローカル電車はそのまま20分間そこで停まってました。(~∀~)

しかも、運転席のすぐ後ろに貼られたプレートにはこんな文字が・・
『運転中は、運転士に話し掛けないようお願い致します』・・。
いやあ、久々の故郷のキャラクターにはなごみますなあ(笑)。


浅見光彦ミステリー紀行 投稿者:bonso 投稿日:2003/09/06(Sat) 14:44 No.2469 
sunami.gif(No.2461 〜 No.2467 の続きです、かなあ??)

何となく本棚から引っ張りだしてみました。そして、・・
この掲示板で馴染みのとある県の章に目を通してみると、・・うっ!?

あまりにオソロシイので県名は完全に伏せますが(笑)、
「〜ミステリー紀行」第4集、43ページの『日蓮伝説殺人事件』より抜粋。

・(略)旅情ミステリーだのを書く場合には、なるべく取材先の悪口は書かないようにしたほうがいいとされる。(略)この「〜事件」のときは本気で腹を立てた。

・NHKテレビで放送されたばかりの「事実」を、口を揃え、平然として「あんなものはありもしないでたらめだ」と言ってのけた。

・末端の若い女性職員までがそうだったのだから、心底驚いた。すぐに底が割れる、見え見えの嘘をついて、あの人たちは恥ずかしくなかったのだろうか。

・××県(←伏せ)を覆っている利権体質と閉鎖性に現実に出会って、腹が立ったというより、得体の知れぬエイリアンにでも出会ったような無気味なものを感じてしまった。

・××県(←伏せ)建設業界の談合システムや汚職の構造がクローズアップされたが、ああ、あの××県(←とにかく伏せ・笑)ならそういうこともあるだろうなーーと、少しも意外に思わなかった。

お、恐ろしや女豹県、・・我が地元大分県より酷え(笑)。
さて次は「日蓮伝説殺人事件」古本屋に探しにいってみよっと。
でもやっぱり撮影旅行にいくのは止めた方が良いのか・・。
\_(-_- 彡 -_-)_/===( +_+) かきーん


富士五湖伝説悪人事件 やまお - 2003/09/08(Mon) 01:49 No.2470  

yamada.gif美しい山と湖に囲まれた湖の街に、殺人事件なんて・・・てんこ盛じゃん。
昔友人宅の隣に超悪徳不動産屋があり夜中、友人宅で遊んでいたら、パトカー10台が大捜査線並に停まり、事情聴取が始まりました。
全国ニュースもなった事件です。
100メートルも離れていない場所で殺人事件がおきていたのにも気付かずに、ベランダでお酒を飲んでいた私達(酔っ払った状態で事情聴取)立派に2時間ドラマの端役になれるでしょうか?
現在、悪徳不動産屋の自分で選んだ樹のみの総檜造り超大豪邸は、そのままの状態で温泉施設になりました。知ってるだけに行きたくない。
浅見向き宗像向き?


富士五湖エイリアン伝奇考 bonso - 2003/09/08(Mon) 23:22 No.2471 

sunami.gif「日蓮伝説殺人事件」古本屋を2件覗きましたが見つかりませんでした。
うー残念、富士五湖エイリアン伝説の謎に触れてみたかった(笑)。

かわりに「津和野殺人事件」「『首の女』殺人事件」を買ってきました。
大分のお神楽の撮影をやってた関係で、石見神楽の島根県に興味があるので。


ネタはある やまお - 2003/09/08(Mon) 23:40 No.2473  

yamada.gifミステリーシリーズに使えそうなネタあるから、2時間サスペンス風な文章で小説なんか書いて下さいよー。
主役は、都会を捨て、田舎暮しを始めた往年の大女優を取材に来た(もしくは舞台稽古の取材)bonso・こさむコンビで♪
芸能人繋がりから事件を拾ったり見つけてくるパターンの時ならbonso様が主役。取材先で古代から現代まで行く先々の地域の歴史説明、ナビゲーターを行いつつ海辺や滝、崖っぷちで謎の美女に出会い事件を拾ってくるパターンなら、こさむ様が主役。
で、書いて下さいよー。薔薇薔薇様。


Re: ネタはある こさむ - 2003/09/09(Tue) 22:45 No.2476  

futaro.gif>都会を捨て、田舎暮しを始めた往年の大女優
クリスティの『鏡は横にひび割れて』みたいですね〜。
映画版『クリスタル殺人事件』ではエリザベス・テーラーが演じ
てました。2時間サスペンスでやるとなると…浜木綿子あたり?

>取材先で古代から現代まで行く先々の地域の歴史説明〜
まさに稗田礼二郎か宗像教授的な役どころですね。ごっつぁんです。

で、>謎の美女 がやまおさんなのでしょうか?(笑)


みすてりーな女 やまお - 2003/09/10(Wed) 00:57 No.2477  

yamada.gif私は山村紅葉でいきたいですな。
大王道、山村美沙・西村京太郎的(大の仲良しで家の地下室が繋がっているそうです)な小説はお好みですか?
昔、山村美沙の雑誌インタビューを読んだ時"自分の小説は大衆小説"ときっぱりおっしゃり、元・数学教師と言うこともあり、推理小説にその才能は余す事無く発揮され、販売戦略から販売部数、銭勘定、書店での自分の配置や新聞広告、中釣りに至まで(良い言い方だと)気を配っていたそうです。
作者の写真は何であんなにメルヘンなドレスを着てらっしゃるのかしら?あれも計算?誰も止められなかったのかな・・・


マジカルミステリーおんな... bonso - 2003/09/13(Sat) 15:05 No.2487 

sunami.gif謎の美女からのメールに返信すると、いつもそのまま戻って来(以下略)。
・・って全然略になってない(笑)。


八つ墓のたったり座ったり 投稿者:こさむ 投稿日:2003/09/01(Mon) 23:39 No.2461  
futaro.gifコンビニコミックスの『八つ墓村』(画・影丸穣也)をふと買っ
てみました。時代設定が昭和43年となってましたが、確かその
頃少年マガジンで連載されてた作品ですね。『かんごく島』ほど
“幻の作品”というわけではなかったと思いますが、35年ぶり
の再会。

当時はまだミステリに目覚める前で、横溝正史の名前すら知らず、
それほど熱心に読んでたわけでもなかったはずですが、けっこう
記憶に残ってたシーンが多かったのは自分でも意外でした。やは
りこの頃から、ミステリマニアとしての萌芽は始まっていたので
しょうか。そういえば後に映像作品で観た時も、犯人をしっかり
憶えてましたね。

多少説明不足な部分もあるものの、原作が日本ミステリの代表的
作品だけあってさすがに面白いっす。金田一少年とは格が違いま
す。って少年の方は読んだことないけど。
できればシリーズ化してほしかったものです。残念。


悪魔の毛毬唄 やまお - 2003/09/02(Tue) 02:03 No.2462  

yamada.gifわたいは、角川映画から、横溝作品に入った口です。
美女が多く出る"悪霊島""獄門島""本陣殺人事件""病院坂の首縊りの家"等は皆様御存じなので、置いといて、美少年系の"死仮面""真珠塔"など1970年代、[少女雑誌なかよし]にて高階良子先生が(代表作プリンセスコミックスの"マジシャン")何作品か描いています。 また、1990年代は又々角川の少女雑誌"あすか"にてJET先生(エラリークイーン作品も描いてます)他、何人かの女性漫画家の方が金田一シリーズを描いてます。
実は、女性にはつぼらしい。
今、角川系少女雑誌はこぞって浅見シリーズ競作中。やっぱり女性には、つぼらしい。


季ちがいじゃー!(笑) bonso - 2003/09/02(Tue) 23:44 No.2463 

sunami.gifコンビニコミックス、ラインナップはかなり健闘してますよねえ。
値段の安さとそれに相応しい誌面の安っぽさはアレなんですが(笑)、
ちょっと読み返してみたいなと思えるものがたくさんあります。

『八つ墓村』
鎧武者の中に人が入っているのはこれでしたっけ?
影丸穣也の絵でしっかりと覚えてますよ。

「たたりじゃ〜!」のCMのお陰で、
ご多聞にもれず私も(笑)横溝ミステリーは読みましたが、
テレビでシリーズが始まってからはわざわざ読書しなくっても
そっちで間に合わせてました。

地元大分では、ショーケンの「八つ墓村」の鍾乳洞のロケ地は
稲積水中鍾乳洞である、と当時まことしやかに囁かれていましたが(笑)、
ネットで調べてみると違ったようですね・・(がっかり)。

影丸穣也の横溝ミステリーはもう1作くらいあったか、
またはつのだじろう版のがあったように覚えています。

『悪霊島』
横溝映画を映画館で観たのはこれが最後でした。
BGMにビートルズの「レット・イット・ビー」が使われているので、
これだけビデオやLD等になってないんですよね。

>浅見光彦シリーズ
「横浜殺人事件」や「湯布院殺人事件」など、
分かる地名の物から(笑)10册程読みましたよ。

書店で女性誌のコーナーを見ると分厚い小サイズ雑誌の看板になって、
浅見光彦シリーズをゴロゴロと置いてますね。凄い人気。

尚、テレビの浅見シリーズで、浅見家のお手伝いさん役で、
下で少し話題になった藤田瞳子さんが出演してました。( ̄ー  ̄)


悪魔が北にて笛を拭く やまお - 2003/09/03(Wed) 01:36 No.2464  

yamada.gif探偵小説には美男・美女がつきものゆえか、丁度一冊読み切りスタイルはシリーズ途中からでも入り込めるのが"最初から全部集めて一巻から読みたい派"(女性に多い)"途中でも良いから欲しい衝動があるうちに買って読みたい派"どのユーザーも自由に選べる所が良いのかも。
特に女性は尺度が異常に広いから一昔前流行った同人誌傑作選(例・テニスの王子様等)のように形式に慣れすんなり受け入れ出版化するのね。
個人的には青年雑誌で、もっとシリーズ化して欲しい。
横溝正史作品の犯人の美女、エッチな巫女と地元のスケベなおやじがしっかり描かれてこそ、物語が際立つものっす。


八つ墓のたたらじゅん こさむ - 2003/09/04(Thu) 07:56 No.2465  

futaro.gifbonsoさん…
>季ちがいじゃー!
それは激しくネタバレじゃー!いやこれほど巷で公然と語られて
いるミステリのネタバレも珍しいですけど(笑)
実は私、ミステリファンを自称しながら横溝正史は一冊たりとも
読んでないのですよ。有名どころはほとんど映像作品で先に観て
しまったもので…。いい具合に忘れかけてた頃に、WOWOWの
一挙放映観てしまったし。しっかりビデオ録ってるし。
ミステリはもっぱら洋モノ中心で、国産ミステリで数読んだのは
江戸川乱歩くらいでしょうか。このへん気恥ずかしいくらい原典
主義者だなぁ(笑)

内田康夫の浅見光彦シリーズは1册だけ読みました。
『崇徳伝説殺人事件』。
いやなんというか…「読む火曜サスペンス劇場」でしたね〜(笑)
このタイトルに古代史ヲタの血が騒ぎ、井沢元彦(←この人のは
けっこう読んでます)のような歴史検証ミステリを期待したので
すが、「日本史上最大の怨霊」と云われる崇徳院のお話はほんの
味付け程度でやんの。
しかも冒頭、見知らぬ女性から「人違いで」ある書類を手渡され
た浅見は、好奇心と悪戯心から間違いを正さずそのまま受け取っ
てしまいます。で、その女性は後に殺されてしまうのですが、浅
見が余計なことをせず目的の人物にちゃんと書類が渡っていれば
明らかに死なずに済んだのに…「いや僕もそのことで少し責任を
感じているんですよ」(笑)
また車で走っていて、道を間違えたおかげで偶然目にしたものが
事件解決の糸口になるという、いささか御都合主義と思える展開
に、原典主義者(笑)の私としては連いて行けなかったのです。
たまたま不出来な作品に最初に巡り会ってしまったのかも知れま
せんが、さすがに2册目を手に取る勇気は持てませんでした…。
水谷豊版でいいや。


八つ墓の多々良島 bonso - 2003/09/06(Sat) 00:35 No.2467 

sunami.gif↑これが先に出るかと思いましたが(笑)。

>ネタバレじゃー!
1人歩きしまくってるバレなのに、本放送でだけ虚しくブツ切りに(笑)。

>内田康夫の浅見光彦シリーズ
私は特にミステリーをというより、作品のムードで乱歩に魅かれましたが、
浅見シリーズだとまた別に、紀行ものとして読むと面白かったですよ。

なまじのガイド本や観光案内を読むよりはるかに緻密に取材、描写されていて、
見知らぬ土地を訪ねる前の予備知識として大いに役立ちました。
浅見光彦ミステリー紀行としてまとめ本も数冊出てますし。
テレビだと映像でダイレクトに背景状況説明されてしまうので、
そこら辺の特徴が逆に目立ちにくいですが・・。

今度こさむさんちに遊びにいく際はまず神戸の殺人事件を読んで、と(笑)。

女性人気は、浅見光彦のキャラクターが時代に即しているのでしょうね。
お手伝いさんのいるようなお屋敷のお坊っちゃんで、でも隣のお兄さん風。
警視庁の偉いさんである長男と比べ、お袋さんから愛情のある小言で
しょっちゅう嗜められているのもなかなか親近感がわきます。

書生上がりのバタ臭い都会紳士の明智小五郎と、あまり変わらない
時期のキャラクターなのに10年以上遅れて懐古趣味を伴って流行った
金田一耕助を経て、さわやか浅見光彦は主人公探偵として良い感じです。

それにしてもいきなり話は変わりますが(笑)明智小五郎全盛の時代に、
川崎のぼるの「死神博士(はくし)」の探偵はモロ金田一だったんですねー。


謎は少し解けたっ おぜ - 2003/09/10(Wed) 13:27 No.2478  

baragon.gifはじめまして。突然失礼いたします。
「ローティーンブルース」を検索していてこちらにたどり着き(笑)、
その内容に圧倒されてまだ全閲もできぬうちに熱に浮かされて書き込みを
させていただいている一介の通行人であります。


私が物心ついた頃が怒涛の横溝ブームの時代で、関連書籍その他も随分
出ていたものでした。しかし当時遅れてきたファンである私にとって、
このブームはいったいどこから発生したのか教えてくれたものはありま
せんでした。「まったくの自然発生」「全集がなぜか売れて」といった
言い回しで、きっかけとなるものなどない若者の自然な嗜好である、と
だけしか書かれていなかったものです。
 まさかマガジンの連載漫画がきっかけで「この原作者は誰だっ」という
ブームが起きたとは思いませんでした。角川管理のもとでは講談社の名を
出しずらかったのかもしれないし、漫画がきっかけで起きた書籍ブームと
いうものに妙な体面があったのかもしれませんが、リアルタイム世代の
ライターが文章を書けるようになった近年、ようやくその事実を知り、
長年の疑問が氷解したしだいです。


こんなんが見ていた おぜ - 2003/09/10(Wed) 13:43 No.2481  

baragon.gif 影丸版「八つ墓村」は、主人公の肉親のエピソードがきちんと解決を見ている点も、
数ある映画作品群よりも評価されていますね。映画版はこの話をファン垂涎
たらしめている要素のうち「宝探し」「お涙頂戴の肉親話」「ロマンス」がみんな
吹っ飛んでしまっていて、何をやっとるのかと言われることも多いのですが。
 ただ、影丸版も伏線をきちんと踏んだような形で出てきたはずの真のヒロインが
主人公とろくな接点もなく話が終わってしまってかなり拍子抜けした人もいるはず。
やはり当時の少年誌で、「少女」と呼んでもいい姿形の女性がナニしてナニというのはまずかったのでしょうね。

 そういう点でもやっぱり「ローティーンブルース」はとんでもなかったよなぁ
というのが今更ながらの実感です(笑)。リアルタイムに読んでいた私も、初めは
単なる学園ものと思っていた話が麻薬や人身売買のからむヤクザの命のやり取りまで
絡めた話になっていくのには唖然呆然、果ては中学生二人の雪山の山荘での○○には
ド肝を抜かれたものでした。
 当時のワイドショーで「近頃の少年誌はこんなことでいいのか」みたいな特集が
組まれて、あのシーンが吹き替えの声入りでテレビに流れていたのを見た時は
ひっくり返ったものでしたが。どうでもいいことですがあのシーン、単行本の
露骨なセリフが雑誌掲載時は「…」を多用したかなり抽象的なセリフになって
いましたね。それと同じ作者の「カリュウド」は、週刊に連載されたもののすぐに
打ち切りの形で月刊誌に移行し、そこでややブラックな味を薄めて人気連載に
なったと記憶しています。過去ログを読んでいないので、今更の話題でしたら
申し訳ありません。失礼します。